ケンサポ ケンサポ ケンサポ

      2016/05/19

 運動

楽チンな運動だってメリットたくさん!体と脳の老化にストップ!

健康12
運動不足の女性が増えています!日ごろから運動をしている女性は4人に1人といわれていて、一見すると健康そうなのに運動不足で体の調子がイマイチ…なんて人はたくさんいるんです。心当たりはありませんか?不調ではないけど、最近運動してないな…なんて人も要注意ですよ!運動不足の体にカロリーオーバーな食事が加わったりすると、みるみるお肉が付いてしまい、肥満や糖尿病などの生活習慣病にもつながっていきます。そればかりか、運動不足は筋力の衰えだけにとどまらず、脳、内臓、骨、肌などの老化を早めていくんです。運動不足は怖いんです!

運動がもたらす効果とは?

楽な運動でいい

とはいえ、運動が苦手で~とか、何をやったらいいのかわからない~なんていう人もたくさんいますよね。大丈夫!軽い運動でいいんです。
運動をするときに消費されるエネルギー源は、主に脂肪と糖なんですが、運動の質によって使われるエネルギー源が異なってきます。激しい運動のときには糖がたくさん使われ、軽い運動のときには脂肪がたくさん使われます。参考までに、ジョギング程度の運動なら50%ずつぐらいだと覚えておいてください。つまり、生活習慣病や肥満を予防するために脂肪を燃焼させたいなら、激しい運動を時々するよりも、軽い運動を毎日続けるほうがずーっと効果的なんです。

脳の活性化

ウォーキングなどの軽い運動は脳の活性化にもいいって聞いたことありませんか?本当なんです。軽い運動は脳にとってもいいんです!記憶力を良くする「アセチルコリン」や、集中力を良くする「ノルアドレナリン」などの脳の神経伝達物質の分泌が活発になるからです。アセチルコリンが減少すると、アルツハイマー型痴呆の原因になるともいわれていますので、軽い運動を続けることはボケ防止にも大変効果が期待できます。軽い運動の後に、試験勉強や仕事をもってくるというのも大変効率的です。

運動のメリット

■骨や関節が丈夫になる
運動をすると、カルシウムの生成が促進されます。それによって骨や関節が丈夫になるので、女性に多い骨粗しょう症の予防にも効果的です。
■アンチエイジング効果
人の成長ホルモンの分泌は、20歳頃をピークに減少していきます。それにともなって身体の老化が始まっていくのですが、適度な運動をすることによって成長ホルモンの分泌を促すことができます。外見的なものだけでなく、内臓などの内的なものの老化も遅らせる効果があります。
■ダイエット効果
加齢とともに筋肉が減少し、脂肪がつきやすくなってしまいます。有酸素運動で脂肪を燃やしやすくしたり、筋肉運動をして体の代謝を高め、脂肪をつきにくくしましょう。
■疲労回復力、持久力が強くなる
運動を続けることによって、心臓や肺や血管の機能が高まります。それによって血液が体の隅々までよく流れるようになると、疲れにくくなり、疲れても回復しやすくなります。
■生活習慣病の予防
適度な運動をすることによって、血液中の中性脂肪やコレステロールを減少させることができます。また、インスリンの働きが良くなるので、血糖値の上昇を抑える効果もあります。高血圧や糖尿病などの生活習慣病を予防する効果があるだけでなく、動脈硬化を防ぐ効果もあるので脳梗塞や心筋梗塞などの血管系の疾病予防にもなります。
■リフレッシュ効果
運動によって、ドーパミンやノルアドレナリンなどの脳の神経伝達物質の働きが良くなります。脳の活性化やボケ防止に効果的です。

こんな軽い運動ならいかが?

軽い運動といえばウォーキングなどが人気ですが、とにかく始めるのが面倒くさい!というなら、日常の心がけでできる、こんな運動はいかがでしょう?
■早足で歩く
買い物や通勤などの移動のときは、とにかく歩きにしてみましょう。そして、なるべく早足で、大きな歩幅をを心がけてください。リズミカルに歩くとより効果的です。10分以上の早足で歩くことで、運動の効果を得ることができます。65歳以上の高齢者の比較データによると、歩く速度が早い人ほど障害の危険度が低く、体も健康で長生きの傾向があるそうです。
■階段を使う
エレベーターやエスカレーターとはサヨナラして、とにかく階段を使いましょう。「スローピング」といって、階段や坂道を上ったり下りたりする運動は、平坦な道よりも2~3倍もの負荷がかかり効率よくエネルギーを消費することができます。その際、なるべくゆっくりと上り下りすることをオススメします。危険防止だけでなく、足への負荷がかかりやすくなるので効率的です。

おわりに

いかがでしたか?運動といっても、大がかりなことをする必要はありません。まずは日常的に体を動かすことから始めてみてください。体を動かすことで、気分も良くなり体も軽くなれば、もっと動かしてみたい!という気持ちになってきます。そうして毎日の中で、運動することが自然になっていけば、体や脳の老化にストップをかけることができます。便利な世の中になるほど、体を動かす機会が減ってしまいがちですが、そんな今だからこそ自らの気持ちで運動を取り入れていきたいですね。

ロコモティブシンドロームには毎日の軽い運動が効果的!
ロコモティブシンドロームの予防について詳しくはコチラをご覧ください。

スポンサーリンク

関連記事