ケンサポ ケンサポ ケンサポ

      2016/03/11

 病気

痛風や腎不全を引き起こす高尿酸値…肥満と尿酸値の切っても切れない関係とは? 

健康診断で肥満やコレステロールの値を気にする人は多いと思いますが、忘れてはならないのが尿酸値です。
肥満の人は尿酸値も要注意!なのです。

尿酸値が高いとなる病気

尿酸は体の中の老廃物です。私たちの体の中に毎日作られては、排出されています。
ところが、尿酸が体にたまると、いろいろな病気になってしまいます。

痛風

痛風は、血液に溶けなかった乳酸の結晶が関節にくっつくことで起きる関節炎です。
風が吹いても痛い、と言われるくらいの激痛が起こります。

尿路結石

腎臓から尿道にかけてできる石も、尿酸値が高いと作られやすいです。
女性より男性に多くみられ、やはり激痛が起こることがあります。
 

腎不全

腎臓に尿酸がたまると、腎臓機能が低下してしまいます。
進行すると、人工透析が必要になることも。

尿酸値が高くなる原因は?

尿酸値が高くなる原因は、主に食べ過ぎです。
たくさん食べることによって、作られるほうが多くなってしまい、尿酸を排出しきれない状態になるのです。
特にプリン体を多く含む食べ物は、尿酸値が高くなるので要注意です。

また、お酒をたくさん飲んだり、激しい運動でも尿酸値は高くなります。

肥満と尿酸値の関係は?

食べ過ぎが、肥満の原因であることは言うまでもありません。
ですから、太っている人は尿酸値も高い人が多いのです。

しかし、それだけではありません。 
肥満によって体の中にたまった中性脂肪が、さらに尿酸の生産を増やしてしまうのです。
また、肥満が原因でなる高血圧や糖尿病も、尿酸値を高くする原因になります。

尿酸値を下げるには?

カロリーを抑える

まずは、カロリーを抑えて、ダイエットをしましょう。
これだけで、尿酸値が下がる人はたくさんいます。

プリン体の多い食べ物を控える

プリン体は、体内で尿酸に変わります。
プリン体を多く含む食べ物には、鳥や豚、牛のレバー、あじやいわしの干物などがあります。
ラーメンの鶏がらや豚骨スープも、プリン体が多いので全部飲まないほうがいいでしょう。

アルコールを控える

アルコールの中でも、特にビールにたくさんのプリン体が含まれているので、注意しましょう。

ダイエット中でも飲めるお酒についてはコチラをご覧ください。

水をたくさん飲む

尿の量が増えると、尿酸の排出される量も自然に増えます。
ですから、お茶などで水分を取ることも有効です。

水を飲む習慣で健康に!詳しくはコチラをご覧ください。

いかがでしたか。
肥満と尿酸値は、密接な関係があったんですね。
今度の健康診断では、ぜひ尿酸値に注目して健康な体をめざしましょう!

スポンサーリンク

関連記事