ケンサポ ケンサポ ケンサポ

   

 オルニチン

疲労感軽減に効果大!!アンモニア解毒に対するオルニチンの効果とは?

肝臓に良いと言われているオルニチンですが、具体的にはどんな効果があるのでしょうか?
アンモニアの解毒作用との関係を調べてみました。

アンモニア解毒とは

私達の体には、食べ物を摂取した際に栄養素を取り入れるだけでなく、消化する過程で発生する有害物質も同時に生まれています。
その中でもよく知られているのが、たんぱく質を分解する時に発生するアンモニアです。

アンモニアは体にとって有害な物質で、体内に蓄積されていくと、私達の体はアルカリ性に傾いてしまいます。
アルカリ性に傾くと、細胞の中に栄養素を取り込みにくくなったり、老廃物を外に排出しづらくなったりして、疲労感が取れなかったり、ダルさが続くといった原因になります。

このアンモニアを解毒、分解してくれる器官が肝臓なのです。
肝臓は、尿素回路という化学反応の中で、アンモニアを無害な尿素に変える働きをしています。
この働きを促してくれる成分が「オルニチン」というわけです。

アルコールを分解するのではなく、アンモニアを分解する

アンモニアの発生は、上記のたんぱく質の分解以外にも、アルコール摂取や、運動中の筋肉やエネルギーの消耗によっても発生します。
このアンモニア分解を促進することが、疲労感の改善、二日酔いの改善につながるというわけです。

この疲労感軽減の効果を二日酔いに効くとうたわれることが多くあります。
ここで理解していただきたいのが、オルニチンはアンモニアの分解を促進しているのであって、アルコールを分解している訳ではないという事です。
アルコール摂取によって起こる疲労感を、肝臓の働きによって軽減するというイメージでとらえておきましょう。

オルニチンを多く含む食品

オルニチンは、肝臓の細胞内でアンモニアを解毒する代謝経路の一部を構成しており、肝臓全体の機能を円滑にしてくれます。

オルニチンを多く含む食品として有名なのが、シジミです。
100グラム(約35個)あたり10.7~15.3ミリグラムのオルニチンが含まれます。
他にも、キハダマグロや、ヒラメ、チーズ、エノキダケにも含まれますがとても少なく、シジミは飛びぬけて多くの量が含まれます。

だからといって、毎日シジミを摂取することは難しいと思います。
最近では、サプリメントをはじめ、オルニチンを手軽に摂る事ができる、味噌汁やスープなどの機能性食品もたくさん販売されてますので、それらを上手に利用すると良いでしょう。

オルニチンは、アンモニアの解毒を促進し、アルコールだけでなく、様々な疲労感を軽減してくれる事がお分かりいただけたでしょうか。
お酒を飲まない人にもお勧めのオルニチン、早速毎日の生活に取り入れてみましょう。

飲み会続きで、あなたの肝臓弱っていませんか?
肝機能の改善には、オルニチンがおすすめ。
あわせて「オルニチンおすすめのサプリランキング」もご覧ください。

スポンサーリンク

関連記事