ケンサポ ケンサポ ケンサポ

   

 健康法

食べ過ぎで「頭痛」になることも…?!原因や対処方法は?

誰もがその症状にかかったことがあるであろう頭痛。
頭痛持ちと言われる人もいますし、風邪などの体調不良や、重大な病気が潜んでいることもある症状ですが、実は「食べずぎ」で頭痛が起こることも!

あれ?もしかしたら?と思い当たる頭痛がある人はチェックしてみてください。

体がだるい頭痛の原因は食べ過ぎかも…

頭痛を感じるときに決まって体のだるさを感じる…という方は要注意。
その頭痛は食べ過ぎが原因となっているかもしれません。

食べ過ぎにより、影響の過剰摂取になってしまいその結果、頭痛の症状が現れるのです。

砂糖の取り過ぎ

チョコレートや飴などは、リラックス効果があるとされ適量を食べることはとても良いことです。
しかし、食べ過ぎてしまうとその時点では食べたことによる満足感がありますが、時間が経つにつれて高血糖から低血糖へと体内で変化が起きその時にだるさを招きます。

また、低血糖と高血糖状態を当分の過剰摂取によって繰り返すことにより、膵臓が正常に働かなくなってきてしまい低血糖状態をキープし頭痛へとつながってしまうのです。

炭水化物の取り過ぎ

砂糖の取り過ぎも炭水化物の取り過ぎと同じようにだるさや頭痛を招きます。

炭水化物は糖質なので、砂糖のように食べすぎると高血糖になってしまいます。
そしてその反動により、低血糖状態になったときにだるさを感じ、体のリズムが崩れ砂糖の過剰摂取と同じ状態が体の中で起こるのです。

食べ過ぎで頭痛になった時の対処法

取りあえず胃に優しい食べ物に切り替え、刺激物を取らないようにして内臓を休ませるようにします。
さらに、加えて水分も多く摂取すると良いでしょう。
しかし、牛乳や糖を多く含むジュース類やカフェインを含むコーヒーや紅茶は適していませんので飲むのを控えましょう。

また、頭痛の度合いにもよりますが軽く運動やストレッチ、マッサージをして血流を良くすると頭痛の症状が治まることもあります。
無理はせず、自分の体と相談しながら行うと良いでしょう。

食生活の改善を

好きなものだから…と過剰摂取を繰り返していると、いつしかそれは体の中のサイクルバランスが崩れ、体にあらゆる症状で現れてきます。
そこから糖尿病など重大な病気につながることがありますので、自己管理が大切です。

スポンサーリンク

関連記事