ケンサポ ケンサポ ケンサポ

   

 健康法

【知っ得】玉ねぎと新玉ねぎの栄養価の違いとは?おすすめ調理方法をご紹介!

スーパーなどに行くと、玉ねぎと新玉ねぎが別々に売っています。
新玉ねぎは収穫後すぐ出荷するのに対し、普通の玉ねぎは1ヶ月ほど寝かせてから出荷したものです。
この記事では、栄養の面から玉ねぎと新玉ねぎについて述べていきます。

玉ねぎと新玉ねぎの栄養の違い

栄養的には、通常の玉ねぎも新玉ねぎも大きな変わりはありません。
ただし、新玉ねぎは普通の玉ねぎより辛さが少なく、生で食べることができます。
この「生で食べることができる」点において、新玉ねぎは栄養面で優れています。

玉ねぎの栄養素は熱に弱かったり水に溶け出したりするものが多く、調理の過程で栄養が失われてしまいます。
しかし、生で食べることができれば、玉ねぎの栄養を丸ごと摂取することができるのです。
新玉ねぎを食べるときは、できるだけ生のまま食べましょう。

新玉ねぎの栄養効果とは?

玉ねぎに多く含まれているのはビタミンB1で、これは炭水化物を分解してエネルギーにする栄養素です。
ビタミンは加熱すると壊れるので、新玉ねぎを生で食べると効率的に摂取できます。
「玉ねぎを食べると強くなる」と言うのは、エネルギー効率の点から考えれば正しいのです。

他に特筆すべき栄養素が硫化アリルで、玉ねぎの辛さの原因となる物質です。
ビタミンB1の吸収を促進してくれるので、玉ねぎの栄養効果を加速してくれます。
硫化アリルも熱で壊れてしまいますが、生の新玉ねぎを食べれば問題なく摂取できます。

玉ねぎも新玉ねぎも栄養価は変わらず、硫化アリルも両方に含まれています。
しかし新玉ねぎは生食できる分、硫化アリルの摂取に適しているのです。

新玉ねぎのオススメの食べ方

新玉ねぎは火を通さず、細く切ったものを生でサラダにするのが1番です。
水洗いも最低限に留めておくと、水溶性の栄養素が流れてしまうことを防げます。
細く切った玉ねぎをしばらく水に晒して辛味を抜く人がいますが、栄養的な観点からはオススメできません。

生で玉ねぎを食べるのに抵抗を感じる人には、オニオンスープが最適です。
スープであれば、水に溶け出した栄養分も摂取することができます。
玉ねぎのかさが減って食べやすくなる分、たくさん食べて栄養を摂ることができます。

なお、新玉ねぎは通常の玉ねぎに比べて水分が多く、保存が効きません。
買ってきた新玉ねぎは、数日のうちに食べ切ってしまいましょう。

玉ねぎと新玉ねぎの違いは、生食に適するかどうかがポイントです。
作りたい料理に応じて使い分けをすると良いでしょう。

スポンサーリンク

関連記事