ケンサポ ケンサポ ケンサポ

   

 健康法

春は頭痛になりやすい…?!その原因と対策とは?

普段は頭痛など感じた事が無い人でも、春になるとなんだか頭が重くなったり、頭痛を感じる事はありませんか?
今回は春の頭痛について、特集します。

春に頭痛が増える原因は?

1日の気温差が激しい

春の季節の特徴といえば、暖かい日が続いたと思えば、急に冬のような寒さに逆戻りしたり、1日の中での気温差が大きいですね。
体が暖かい状態から寒い状態になったり、寒い状態から暖かい状態にさらされると、それに対応するために、脳内の血管が収縮したり拡張したりします。

特に寒くなった時に、血管の収縮によって起こる頭痛のタイプを「緊張型頭痛」といいます。
このタイプの頭痛は、筋肉に余計な力が加わり、首筋や肩などにも痛みが伝わってくる場合があるのです。

気圧差も激しい

また春は、晴れたり、雨が降ったりを繰り返し、気圧も大きく変化します。
この気圧の変化は、自律神経に大きく影響を与えると言われています。

晴天の日は交感神経が、雨の日は、副交感神経が優位になり、天気のめまぐるしい変化に対応できずに自律神経が乱れてしまうのです。
このように自律神経が原因で起こる頭痛は、「片頭痛」とも言われています。

対策方法

頭痛のタイプ別によりますが、寒さが続いた日に起こる「緊張型頭痛」の場合は、首や肩の筋肉をほぐしたり、体を温めると回復につながります。
また、防寒対策をすることで、頭痛の予防にもなります。

「片頭痛」のように、自律神経の異常からくる頭痛の場合には、頭痛が起きた時に頭を冷やすようにします。
これは、片頭痛の原因の多くが、拡張した血管が頭の中の三叉神経を刺激する事で起こるためです。
普段から片頭痛があるという方は、濡れタオルをビニール袋に入れて持ち歩くのも良いでしょう。

ストレスが原因の事も

春は、何かと環境が変わり、人間関係も新しく始まる季節。
そのために、「自律神経失調症」が原因となる頭痛を引き起こしてる場合もあります。

「自律神経失調症」とは、外からの刺激に対して、自律神経が体を守ろうと防御反応を起こして発症する病気です。
頭痛だけでなく、体調不良が続く場合には、一度医師の診察を受ける事をお勧めします。

このように、春は気温差が大きく、それに対応できる工夫が必要な事がわかります。
頭痛の原因を知って、心晴れやかに春を過ごしたいものですね。

参考:体調を崩しやすい春にかかってしまう病気とは?かかってしまった時の対策特集!

スポンサーリンク

関連記事