ケンサポ ケンサポ ケンサポ

      2016/03/04

 オルニチン

肝臓だけじゃなない…!生活習慣病の予防にも良いオルニチンのダイエット効果とは?

しじみなどに含まれている健康成分として有名な『オルニチン』。
肝臓に作用し二日酔いなどを予防してくれるイメージの強いオルニチンですが、他にも様々な効果があります。
今回は、生活習慣病などの予防にも効果的な、オルニチンのダイエット効果についてご紹介していきます。

オルニチンのダイエット効果とは

成長ホルモンの分泌を促し、筋肉量を増やす

オルニチンには、脳下垂体から分泌される成長ホルモンの分泌を促す作用があると言われています。
成長ホルモンはその名の通り、細胞を成長・または再生する働きを持つ、人体において重要なホルモンのことです。
この成長ホルモンが筋肉を増強させてくれるので、筋肉量が増えやすくなり、自然と普段消費するカロリーも増えていきます。

基礎代謝が増え、脂肪が燃焼しやすくなる

人間の基礎代謝量は、筋肉量が増えることで増加します。
そうすると自然に消費されるカロリーが増えるので、脂肪も燃焼しやすくなります。

つまり、オルニチンを摂ることで成長ホルモンの分泌を促し基礎代謝が上がれば、脂肪が燃えやすく太りにくい体を作ることができるのです。

オルニチンを摂取するタイミングは?

オルニチンを摂取するタイミングは、いつの時間帯が良いのでしょうか?

成長ホルモンの分泌を活発にするためには、朝食の30分ほど前にオルニチンを摂るのが良いと言われています。
空腹時の方が、オルニチンの吸収率が上がり、より効果が期待できるためです。
一日の始まりにオルニチンを摂ることで、体は必要なタイミングでオルニチンを消費することができます。

また、筋肉の量を増やしたり、脂肪燃焼作用を高めるためには、運動する前にオルニチンを摂取することをお勧めします。

オルニチンの摂取量はどのくらいが適切?

オルニチンは一日にどのくらい摂取するのが理想的なのでしょうか?

基本的には、一日当たり1,000ミリグラムほど摂取するのが望ましいと言われています。
また、成長ホルモンの分泌を促すダイエット効果を期待するなら、一日2,000ミリグラムほどの摂取量が必要です。

食べ物で摂取する場合、しじみが一番オルニチンの含有量が多い食品ですが、それでも100グラム当たり15ミリグラムほどしかありません。
オルニチンを健康目的やダイエット目的で摂る場合には、サプリで摂るのがお勧めです。
参考:オルニチンおすすめのサプリランキング

とはいえ、体質によってあわないか心配…という方は、一日500ミリグラム程度から始めてみてもいいかもしれませんね。

二日酔い予防や脂肪燃焼作用など、様々な健康効果が期待できるオルニチン。
生活習慣病の予防も兼ねて、これから普段の食生活に取り入れてみませんか?

スポンサーリンク

関連記事