ケンサポ ケンサポ ケンサポ

   

 健康法

ジョギングが楽しくなってきた…と思ったころに出る膝の痛み、その対処法って?

健康のためにジョギングを行なっているという人は多いのではないでしょうか。
ジョギングの際に膝に痛みを感じたという経験がある人は注意が必要です。

膝の痛みの原因には年齢や体型、トレーニング量など多くの要素が関係しますが、膝の内側に痛みを感じた場合にはある病気が関係している可能性があります。

膝の内側が痛くなる原因

膝の内側が痛くなる原因として考えられる病気に鵞足炎があります。
鵞足炎は膝の内側にある鵞足といわれる部分が炎症になる病気です。
主症状は膝の内側の腫れと痛みで、そのまま運動を続けると慢性的になり悪化する可能性が高い病気です。

鵞足って?

鵞足は膝の内側にある縫工筋と薄筋、半腱様筋の付着部であり運動を行なうと骨とすれることで炎症を起こしやすい部位として知られています。
ジョギングだけでなく、テニスやサッカー、自転車、その他の陸上競技などでも起こる可能性があります。
最初は痛みや腫れも少ないですが、繰り返し運動をしていると炎症がひどくなり、腫れや痛みがひどくなります。

鵞足炎の改善方法

鵞足炎の急性期はとにかく運動することを控えるようにし、安静にすることを心がけるようにします。
腫れと熱感が強い場合にはアイスパックなどで冷やすと痛みが軽減します。
整形外科を受診すると、医師が痛みを抑える消炎鎮痛剤を処方してくれるので服用することで痛みと炎症をおさえることができます。

膝周囲の筋肉の柔軟性と筋力の改善が重要

痛みが治まってきたら、鵞足炎が再発しないようにトレーニングを行なうことが必要になります。
大事なのは膝についている筋肉のストレッチと筋力トレーニングです。
大腿四頭筋やハムストリングスなど膝の大きな筋肉を中心に行なうと効果的です。

アライメントが原因のこともある

膝の内側が痛むということは、体のアライメントが崩れて膝の内側に過剰な負担がかかっている可能性があります。
その場合には医師や理学療法士や柔道整復師などの指導を受けるのがいい方法です。
アライメントが改善されると体重が膝の中心にかかるようになるため、鵞足炎は改善します。

靴選びは重要

膝への負担を軽減するためには靴が非常に重要です。
衝撃吸収性が高く、足にしっかりとあった靴を選ぶようにしましょう。

健康のためにおこなっているジョギング。
せっかくなら楽しく行いたいですよね。
痛くなってしまったときには、早めに医師へ相談することが大切です。

スポンサーリンク

関連記事