ケンサポ ケンサポ ケンサポ

   

 健康法

体質だと諦めないで!日常生活ですぐ取り入れられる胃腸を強くする方法

胃腸が弱いことで「ここぞ!」という場面でも体調面での不安と共に過ごした経験がある人もいらっしゃるでしょう。
昔からだから仕方がない…とか体質だから…と改善することは不可能だと思っていませんか?

食事や運動で胃腸を強くすることができますので、あきらめる前に試してみましょう。

胃腸を強くする食事

腹八分目で、時間を空ける

胃腸を強くするためには胃腸に負担をかけない食事をすることが大切。
食事をとるときにはお腹いっぱい食べるのではなく、腹八分目までにとどめておきましょう。

また、だらだら食事をすると胃や腸はずっと消化活動を行わなくてはならず休みがなくなります。
食事や間食の時間は開けることが大切です。

暖かい白湯がおすすめ!

胃や腸は冷えにも弱いですから、体を冷やしてしまう食べ物を摂取するのではなく、温める作用のある食べ物を摂取すると良いです。
野菜なら生野菜サラダよりも温野菜サラダがベストです。

飲み物も氷がたくさん入った飲み物を飲むのではなく、温かい飲み物や常温、白湯がとくにお勧めです。

おすすめの食品

腸内環境を整えることで多く知られているヨーグルトは手軽に食べることができるおすすめ食品です。
山芋、オクラやモロヘイヤにも消化を助け、胃の粘膜を強くするムチンという成分が含まれています。
さらに、キャベツには胃の粘膜の状態を整える作用がありますので、積極的に摂取してみましょう。

参考:すっきり解消!ツライ胃もたれのときに食べたい食事メニュー6選

胃腸を強くする運動

胃腸が弱い原因としてもう一つあげられるのが筋力不足です。
お腹の周りの筋力がないと胃や腸が正常にぜん動運動をすることができず、動きを鈍くさせてしまうのです。

腹筋が効果的!

お腹の周りの筋力アップを図るために効果的なものは腹筋です。
特に道具や複雑な動きが必要なものではないので時間を見つけて生活に取り入れましょう。
お腹周りに筋肉がついて胃や腸の位置が正常になると調子が整います。

ウォーキングも効果的

その他には有酸素運動であるウォーキングもお勧めです。
運動をすることで胃や腸を支える筋力をアップして、体の中から燃焼させ温め血流を良くすることで胃と腸の環境が整います。

日常生活に気を配ることで、弱い胃腸から強い胃腸へと変化を遂げることができます。
特に難しいことはありませんので、出来るところから挑戦して、胃腸の弱さからくる不安を撃退してはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

関連記事