ケンサポ ケンサポ ケンサポ

   

 グルコサミン

野球やテニスは要注意…!関節痛に良い運動と悪い運動について

年齢とともに、ちょっとした動きの後でも関節が痛くなることがありますよね。
病院を受診すると、運動をしてくださいと言われることもあります。
関節痛に、良い運動と悪い運動とはどんな運動なのでしょうか。

関節痛の原因

関節にある軟骨

関節痛は、加齢に伴い、軟骨が擦り減ってしまうことで痛みがでます。
関節は、骨と骨とをつなげるジョイントのような役目を担っています。
長い期間、動かしていると関節にある軟骨がずれたり、すり減ったりすることで痛みを感じるようになります。

周辺の神経に痛みが出る

軟骨には、痛みを感じるような神経は通っていません。
周辺には多くの神経が通っているため、関節軟骨に異常がある場合、少しの動きでも痛みが出てしまいます。

運動することが良い理由

運動しないままでは、どうなる?

関節痛になってしまったら運動しない方が良いのでは、と考えてしまいがちですよね。
しかし、そんなことはありません。
運動しないで、放置してしまうと筋肉が衰えてより、関節に負担になってしまうのです。

痛みがひどい時には

しかし、痛みがひどい場合には激しい運動は厳禁です。
腫れや痛みが少なくなってきたら、少しずつ動かすようにしましょう。

関節痛に良い運動とは

どんな運動が良いの?

関節痛に良いのは関節に負担が少なく、痛みが出てしまう部分の筋肉を和らげる効果がある運動です。
水泳は、関節に負担が少なく病院からも推奨されています。
しかし、関節に痛みのある方が何度も、スポーツクラブに通うことは無理があることも考えられます。

ウォーキングが良い理由

しかし、ウォーキングなら自分のペースで好きな時間に始められます。
始めは短い距離からスタートして、徐々に遠くへ、レベルアップします。
ウォーキングは、歩く動きが関節を柔らかくするのでおすすめです。

ウォーキングで気をつける点

ウォーキングをする時は、早足で歩こうとせずにゆっくり、自分のペースで歩きましょう。正しい姿勢で、太ももを振り上げず、足裏を地面から大きく離さないようにします。
大きな負担なく、関節の筋肉が鍛えられます。

関節痛に悪い運動とは

痛みがない時でも、急激な運動は関節に悪い影響を与えてしまいます。
運動後に激しく腫れるなど症状が悪化するケースもあります。
ジャンプをするようなバスケットやバレーボール、走る可能性のあるサッカーやラグビー、野球、テニスなども注意が必要です。

また、登山などの趣味も無理のない程度に行うことが大切です。

関節の痛みを軽くするためには、日々の運動がとても大切です。
最初のスタートは不安を感じるかもしれませんが、続けると関節の痛みも改善されていきます。
徐々に慣らしていきましょう。

長引く関節痛にはグルコサミンがおすすめです。
グルコサミンサプリおすすめランキング」も、併せてご覧ください。

スポンサーリンク

関連記事