ケンサポ ケンサポ ケンサポ

   

 乳酸菌

乳酸菌には2種類ある!「動物由来」と「植物由来」の違いと特徴って?

腸内環境を整える働きがあることで有名な乳酸菌ですが、その乳酸菌には動物由来と植物由来があることをご存知ですか?
その違いと特徴について紹介します。

乳酸菌とは

植物由来と動物由来を考える前にそもそも乳酸菌とは何のことなのでしょうか。
乳酸菌というのは、糖が発酵されたときに、乳酸や酢酸を作り出す菌のことを示しています。
そしてその菌は動植物どちらにも存在するのです。

動物由来の乳酸菌とは

私たちが乳酸菌と聞いてまず思い出すのは動物由来の乳酸菌が多いのではないでしょうか?
その食べ物はヨーグルトやチーズです。

動物由来の乳酸菌は牛の乳の中に含まれる菌で、それらを元に作られる食べ物のヨーグルトやチーズには多くの乳酸菌が含まれています。
動物由来の乳酸菌で発酵する糖は乳糖のみです。

食物由来の乳酸菌とは

では植物由来の乳酸菌とは何が該当するのでしょうか。
それは、日本で昔から作られ食べ続けられているお味噌やぬか漬け、醤油に日本酒などの発酵食品です。

お味噌やぬか漬けに乳酸菌というイメージは持っていないという人は多いかもしれません。
しかし、酵母菌と共に乳酸菌が味に深みを出し、健康促進につながる食品を作り出しているのです。
植物由来の乳酸菌ではぶどう糖や果糖などでも発酵します。

動物由来と植物由来の乳酸菌の違い

もともとの乳酸菌の住む場所が違いますが、どちらの乳酸菌も腸内環境を整えます。
含まれる食品が異なるので、食べ物の得意不得意、アレルギーによって食べ分けることで摂取することが可能です。

動物由来の乳酸菌は動物が良い環境にあることで作り出される菌でデリケートな面もあります。
また、酸に弱いという特徴があるので食品を口にしても人間の胃酸などで影響を受け、腸まで生きたまま届かないものもあります。

それに比べて植物由来の乳酸菌の方が酸に対して強いので、影響を受けることなく腸まで届くのではないかと言われています。
しかしながら動物由来の乳酸菌でも酸に強いタイプのものが研究により発見されています。

腸内環境を整える乳酸菌は注目の集まる腸内細菌ですので動物由来、植物由来問わず摂取していくことが望ましいでしょう。
効率的に乳酸菌を摂取するには、サプリメントがおすすめです。
あわせて「乳酸菌おすすめのサプリランキング」もご覧ください。

スポンサーリンク

関連記事