ケンサポ ケンサポ ケンサポ

      2016/05/18

 食事

恐怖!自分で自分の体を不健康に…?朝食の大切さをお教えします

健康8
毎朝、朝食は食べていますか?最近では、朝食を食べない子供が増えているそうで、朝食を出す学校も増えているようです。学校でわざわざ朝食を出すということは、朝食を食べるという事がとても大切だということが分かりますよね。では、朝食がどれだけ私たちの健康に大切なことなのかをご説明します。

朝食を抜く人が上昇中。朝食の重要性を知ろう

朝食を抜くと…?

朝食を抜くと、イライラする、集中力に欠ける、コレステロールの数値があがる、など悪い事だらけ。最近の若者はキレる子が多いと言われていますが、朝食を食べない子が多いというのも原因の一つです。

朝食の大切さ

その1.健康維持の為に朝食は欠かせません。
朝食を食べないと、太りやすく、糖尿病などの原因にもなります。成長期の子供が朝食を抜くと、一日に必要な栄養所要量を摂取することが出来ません。

その2.朝食で体が起きる。
朝起きて、きちんと朝食を摂り午前中を過ごす。昼食を摂り午後を凄し、夕食を摂り、寝る。この生活のリズムが健康維持にとても大切です。朝食を抜くとこのリズムが崩れてしまい、体も不調に。朝食を食べる事で、脳にもエネルギーが補給され、腸も活動をはじめます。

その3.体温を上昇させる。
寝ている間は体温が下がります。朝食を食べると下がった体温が上昇して、血流がよくなります。そして脳が活発に働き始めます。

朝食を摂る習慣がないという方は

朝食が食べたくなる体を作ろう

朝食の重要性は分かっているけど、朝食を食べたくても食欲がない…朝は1分でも長く寝ていたい…という方も多いのではないでしょうか。そういう方は無理をして朝食を摂り始めてしまうと体もビックリして負担をかけてしまうので、スープやフルーツなど軽い朝食を摂ることからはじめ、体を慣らしていきましょう。また、朝が起きられない人は、夜早く寝て、朝起きるというリズムを作るようにしましょう。朝、食欲がない方は、夜、早めに夕飯を摂るように心がけ、寝る前の間食なども控えるようにしましょう。

理想の朝食メニュー

炭水化物・タンパク質・ビタミン・脂質・ミネラルの5大栄養素のバランスを考えた朝食が理想的です。
・炭水化物…主食となるお米やパンです。腹もちが良くエネルギー源となります。お米とパン、どちらが朝食により理想的かというと、お米です。パンのメリットは❝手軽さ❞ですが、栄養やカロリーを考えると健康にはお米の方がいいと言えます。
・タンパク質…主菜となる卵・鶏肉・納豆・鮭など。タンパク質は新陳代謝を高め、筋肉をつける栄養素となります。
・ミネラル・脂質…副菜となる野菜類にはミネラルが豊富に含まれています。きのこ類で脂質を摂ることが出来ます。
・ビタミン…ビタミンが豊富な果物は、朝食の時に摂ると一番効果的です。果物は健康だけでなく、美肌にも効果があります。

きちんと朝食を食べて元気な一日を!

朝食は一日を支える元気、やる気の源です。寒い冬は、朝食に暖かいものを取り入れると体が暖まり体のエンジンがかかりやすくなります。早起きをして朝食を作ったり摂ったりするのは手間だと感じる方も、夜少し早く就寝したりするなど工夫をして、ご自身の健康の為に朝食を摂る習慣を!

パンとご飯、どっちが朝食向き?
詳しくはコチラをご覧ください。

スポンサーリンク

関連記事