ケンサポ ケンサポ ケンサポ

   

 眼病

目が疲れたらアナタはどうする?『温めるor冷やす』正しいのはどっち?!

仕事柄長時間パソコンを眺めて同じ作業で仕事をしていたり、年齢と共に新聞や本を読んだ時に長時間の車の運転をしたときなどに、ふと眼精疲労を感じることがありませんか?
そんな時あなたは温めますか?冷やしますか?何もしませんか?

今回はそんな眼精疲労のときの正しい対処法をご紹介します。

眼精疲労対処法!温めるのと冷やすのはどちらが正しいか

眼精疲労の時は温めるのか、それとも冷やすのか…答えはどちらの方法も正解です。
どちらの方法でも疲労回復効果があります。
その理由は温めても冷やしても目の周りの血行が促進され、症状を緩和させる働きがあるからです。

しかし、症状によって温めるべきでない、冷やすべきというものもあります。
詳しく見ていきましょう。

温めたほうが良い症状

目がかすんでしまったり、しょぼしょぼしたりする、目の軽い痛みや瞼のけいれんといった主な眼精疲労の場合は目を温めると良いです。
血液の循環を良くすることによって老廃物を流し、疲労を回復させるというものです。

方法としては目を閉じて蒸しタオルをのせたり、ドラッグストアなどで販売されている温熱シートを利用し数分間その姿勢を保つと良いです。

頑固な眼精疲労はダブルで

温めることにも冷やすことにも血行促進効果があり、温めたり冷やしたりを交互にすることによって相乗効果で回復力が上がります。
また、温めたときには温めたときなりの、冷やしたときにはその冷たさゆえの爽快感があるのでリフレッシュ効果も見込めます。

冷やした方が良い症状

眼精疲労の対処をするときに一つだけ気を付けてほしい症状があります。
それは眼が充血しているときには冷やすということです。
温めてしまうと血管が刺激されて血液の流れが良くなってしまうので冷やして様子を見るようにしましょう。

眼精疲労はどこからくる?

目を酷使するような作業以外にも精神的なストレスから眼精疲労を感じることがあります。
心身ともにリフレッシュできる場所を作ることも大切です。
それでも足りない分は温めたり、冷やしたり自分でも眼精疲労が強くならないように毎日一度は日々感じる眼精疲労感からリセットできるようにしましょう。

あなたも目の健康を考え直してみませんか?
眼精疲労などの目のトラブルにはブルーベリーが効果的。
ブルーベリーおすすめサプリランキング」も併せてご覧ください。

スポンサーリンク

関連記事