ケンサポ ケンサポ ケンサポ

      2016/04/12

 健康法

その鼻のかみ方大丈夫?正しい鼻のかみ方を知っておこう

風邪や花粉症、鼻炎などで出てくる鼻水は大人から子供まで誰もが体験したことのある症状です。
鼻水が止まらないときは不快感MAXで鼻をかんでいる人も多いでしょう。

鼻をかむとき実は注意が必要!

大人になってしまうと鼻をかむという動作が身についていることから何気なくその行為をしているのではないでしょうか。
実は鼻をかむときには注意が必要なのを知っていますか?

優しく鼻をかみましょう

鼻水の量が多いときや鼻づまり気味の時には力強く鼻をかんでしまうことがあるという人もいます。
しかし鼻水を出そうとして力強く鼻をかむと、鼻の粘膜は弱いので鼻血が出てしまうことがあります。
また、耳が痛くなるなどの弊害もありますので注意が必要です。

口から息を吸ってゆっくり鼻から吐き出すようにして鼻をかみましょう。
一回で鼻をかみきらなくてはいけないことはありません。
鼻に負担をかけないようにゆっくりと鼻をかむことが大切です。

鼻は片方づつかむようにしましょう

鼻は両方一度にかむのではなく、片側づつ鼻を抑えてかみます。
両方いっぺんに鼻をかんでしまうと、その勢いで細菌が鼻の奥の方に入り込んでしまい副鼻腔炎など新たな病気を発生する恐れがあります。

鼻に優しいティッシュを使用してみる

鼻水がひどいときは四六時中鼻をかんでいるなんて言う時があります。
そんな時は鼻が赤くなってしまったり、鼻の下がヒリヒリするなんて言う症状が現れることがあります。
そんな時にはティッシュペーパーを見直してみましょう。

同じティッシュペーパーでもその手触り感や柔らかさは商品によって様々です。
鼻をかむ回数が多い時ほど良質で肌への刺激が少ないものを使用すると負担はだいぶ減らせます。

鼻をかむのは大切なこと

鼻をかむことについてお伝えしてきましたが、もし鼻をかまないで鼻水をそのままにして置いたり、鼻をすすって過ごしてしまったららどうなのでしょうか。
鼻水の中には細菌がたくさんいます。
鼻水が出るときというのは体の中から細菌たちを追い出そうとして鼻水を作り出しているのです。

体の中から排除したい細菌が体の中にとどまっていることは当然良いことではありません。
早く排出したほうが治りも早くなります。
正しい鼻のかみ方で鼻水と細菌と戦いましょう。

花粉症で鼻の不快感には鼻うがいが効果的!
鼻うがいの正しい方法について詳しくはコチラをご覧ください。

スポンサーリンク

関連記事