ケンサポ ケンサポ ケンサポ

   

 乳酸菌

びっくり!乳酸菌が、歯周病を防いでくれる?その理由とは?

今、いろいろな菌が体にいいといわれて、注目されています。
その中で、乳酸菌が歯周病を予防してくれることがわかりました。

歯周病は、どんな病気?

歯周病は歯が抜ける原因!

歯周病とは、歯と歯茎の間に歯周病菌が入り込み、歯茎に炎症を起こす病気です。
放っておくと、歯を支えている骨を溶かしてしまい、最終的には歯が抜けてしまうのです。

さらに、糖尿病、心筋梗塞などの病気にも関係しているといわれています。
日本人の成人の80パーセントが歯周病にかかっているといわれています。
他人ごとではありませんね。

どんな症状が出るの?

歯周病の人は、歯茎が腫れたり、歯磨きの時に出血したりします。
だんだん歯茎がやせてくるので、冷たいものがしみるようになり、歯が伸びたように見えます。
口の中のねばねばや、嫌なにおいの口臭も症状の一つです。

どうしてなるの?

生まれたばかりの赤ちゃんは、歯周病菌を持っていません。
実は、ほとんどの人がお母さんから歯周病菌をもらっているのです。

そう、歯周病菌は人から人にうつるのです。
そして、うつってしまうと、完全になくすことはできないのです。

乳酸菌が歯周病菌をやっつけてくれる!

もちろん歯周病から歯を守るためには、歯磨きや歯医者さんへ定期健診に行くことなどが大切です。
ですがそれ以外に、乳酸菌が口の中の悪玉菌や歯周病菌を減らす、ということがわかったのです。

やってみる?ヨーグルト歯磨き

乳酸菌といえば、ヨーグルト。
これで歯磨きをすると、口の中の悪玉菌が減って、歯周病に効果があるというのです。

やり方は、簡単です。
歯磨きの仕上げに、無糖のヨーグルトで磨くだけ。ヨーグルトは、飲み込んでも大丈夫。
ちょっと抵抗があるかもしれませんが、いかがでしょう。

歯周病をやっつけてくれる乳酸菌

その名も、乳酸菌LS1。
もともと、口の中に住んでいる菌の一つです。

なんとこの菌が、歯周病菌をやっつけてくれることがわかったのです。
LS1を毎日とり続けると、口の中の歯周病菌が減り、口臭も改善します。

こちらは、タブレットになって販売されています。
食後などに、口の中で溶かすだけ。
手軽にできるのがうれしいですね。

いかがでしたか。
乳酸菌がおなかだけではなく、歯周病に効果があるとは驚きですね。

口の中が気になる人は、ぜひ試してみてはいかがでしょう。 
あわせて「乳酸菌おすすめのサプリランキング」もご覧ください。

スポンサーリンク

関連記事