ケンサポ ケンサポ ケンサポ

      2016/04/13

 オルニチン

二日酔いと悪酔いの違いって何?それぞれの予防法まとめ!

お酒の席は楽しいですが、二日酔いになったり悪酔いしたりするのは辛いものです。
そんな辛い二日酔いや悪酔いですが、その違いはご存知でしょうか。
ここではそんな二日酔いと悪酔いの違いと、それぞれの対策方法を紹介します。

症状が現れる時間が違う

二日酔いと悪酔いの最大の違いは、それぞれの症状が現れるまでの時間です。
というよりも、時間以外に特に違いはないのです。
二日酔いでも悪酔いでも、吐き気を催したり、頭痛がしたりするのは同じです。

二日酔いは8時間~14時間後

では、実際のどのくらいの時間からの悪酔いを二日酔いというのでしょうか。
二日酔いは、一般的に、飲んでから8から14時間後で症状が現れた場合の事を指します。
ですから、だいたい翌日の朝から昼あたりに不快な症状に襲われることを、二日酔いと呼ぶのです。

悪酔いは2時間から5時間後

悪酔いというのは、飲んでから2時間から5時間くらい後に症状が現れた際の呼び名です。
飲み会の最中に不快感に襲われたら、それは悪酔いだと思ってよいでしょう。

悪酔いはお酒が安いから?詳しくはコチラをご覧ください。

悪酔いはジュースで防ぐ

では、それぞれの予防法を見ていきたいと思います。
まずは悪酔いの予防方法ですが、悪酔いは、ジュースを飲むと防ぐことができます。

というのも、ジュースに含まれている果糖が、アルコールの分解に役立ってくれるのです。
アルコールの分解が早く進めば、アルコールが分解されずに不快な症状が現れることはありません。
ですから、ちょっとでも飲みすぎたと思ったら、ジュースを飲むのがオススメです。

ジュースと言ってもなんでもよいわけではなく、100パーセントジュースに限ります。
100パーセントオレンジや、100パーセントアップルなどのジュースを飲むようにしてください。

二日酔いはオイル・バターで防ぐ

二日酔いは、オイルやバターを摂取することで防ぐことが出来るようになります。
オイルやバターに含まれる脂肪分が、胃や腸をアルコールから守ってくれるようになり、二日酔いを防げるのです。

飲み会でオイルを飲んだり、バターをなめたりするのは難しいので、そういうのが含まれる食品を摂りましょう。
スプーン1杯くらい分で効果があるので、食品からでも十分摂取できます。

以上、二日酔いと悪酔いの違いと、それぞれの予防法のご紹介でした。
シンプルに飲みすぎないということも当たり前に大切です。
これらのことと一緒に、飲みすぎないということも頭に入れておきましょう。

二日酔いにハイチオールが効果的!
詳しくはコチラをご覧ください。

飲み会続きで、あなたの肝臓弱っていませんか?
肝機能の改善には、オルニチンがおすすめ。
あわせて「オルニチンおすすめのサプリランキング」もご覧ください。

スポンサーリンク

関連記事