ケンサポ ケンサポ ケンサポ

      2016/03/11

 運動

驚きの結果が!有酸素運動でいつまでも若々しさを

健康6
寒い日が続きます。冬ってなかなかベットの中から出られませんよね。なんとか起きても外に出るのが億劫…。ですから冬は体を動かす機会が減ってしまいます。運動不足になってしまうと、脂肪がつき太ってしまい体に負担をかけてしまいます。それだけでなく、普段使わない関節は衰えていきます。寒い冬こそ適度な運動をして体を動かしましょう。体を動かすと体もポカポカしてきて一石二鳥です。今回は簡単に始められる「有酸素運動」をご紹介します。

有酸素運動とは?

有酸素運動とは、体の中に取り込んだ酸素を使って脂肪や糖質をエネルギー源として燃焼させます。そして時間をかけエネルギーを生み出します。

有酸素運動ってどんなものがあるの?

・ウォーキング
・ジョギング
・エアロビクス
・水泳
・スケート
・サイクリング
などがあります。
また、有酸素運動は20分以上の時間をかけて運動をするのが理想だと言われています。ただし、20分は目安と考えましょう。無理をして運動をしても体にも心にもストレスを与えてしまいます。
まずは、有酸素運動に慣れるために短い時間で行いましょう。大切なのは、時間ではなく継続することです。

ウォーキングがもたらす効果について詳しくはコチラをご覧ください。

どんな効果があるの?

有酸素運動に限らず、体を動かすことは、健康の為にも美容の為にもとてもいい事です。その運動の中でも有酸素運動は、具体的にどのような効果があるのでしょうか?

効果1.<糖尿病の予防・治療に効果的>

全く運動をしていなかった人が有酸素運動を始めると血液中の糖質をエネルギーにするので血糖値を下がります。ですから、糖尿病予防にもなりますし、糖尿病でお悩みの方は状態を悪化させない為にも有酸素運動がおすすめです。

効果2.<ダイエット効果>

有酸素運動は脂肪を燃焼させてくれるのでダイエットに向いている運動です。

効果3.<血液サラサラ効果>

有酸素運動を続けていくと体の中に変化が起きます。血液中の糖質をエネルギーにしていたのが、血液中の脂肪を使いエネルギーを作り出すようになります。よって、脳梗塞や心筋梗塞などの原因となる悪玉コレステロールを減少させることができます。また、血液中の脂肪が減っていくとどろどろだった血液がサラサラな血液に変わっていくのでこれも脳梗塞や心筋梗塞の予防になります。

効果4.<ストレス解消効果>

適度な運動は心も体もリフレッシュすることができます。悩み事があるとき、仕事が忙し時こそ少し時間を作り有酸素運動をしましょう。

有酸素運動の注意点

有酸素運動をより効果的に、楽しく行うために、有酸素運動をする前は必ず水分を摂り、無理は禁物です。
また、有酸素運動を効率よく行うためのベストな時間は、朝だと言われています。朝起きて、朝食前に有酸素運動を行うと脂肪燃焼が大きいということと、一日の始まりに体を動かすと頭が回転し、集中力も高まります。

有酸素運動で元気な体を!

継続は力なりという言葉の通り、一日少しの時間、有酸素運動をすることにより、年齢を重ねても若々しさを保つことが出来ます。ご自身の健康の為に有酸素運動を是非はじめてみませんか?

スポンサーリンク

関連記事