ケンサポ ケンサポ ケンサポ

   

 動脈硬化

糖尿病や誤嚥性肺炎…歯周病が原因で起こる怖すぎる病気とは?

歯周病は、今まではただ単に口の中の病気ととらえられてきました。
しかし近年になって、全身の病気に関係があることが次第に明らかに…!

歯周病が原因となって起こる病気には、どのようなものがあるのでしょうか。

誤嚥性肺炎

高齢者などでは物を飲み込む機能が衰えて、間違って気管に入ることがあります。
また、気管に異物が入ったときに起こる咳反射が、就寝中などでは起こらないこともあります。
こうした原因で、唾液などの異物が気管に入ってしまうことを誤嚥と言います。

歯周病の人では、唾液に歯周病菌が含まれており、誤嚥を起こすと歯周病菌が気管に入って感染します。
感染が気管から肺まで広がった結果、肺炎を起こすことになります。

感染性心内膜炎

歯周病の患者さんでは、健康な人に比べてこの病気が2倍近く多くなることが報告されています。

歯周病菌は、歯周ポケットから歯肉の血管に入り込み、血流にのって全身を駆け巡ります。
心臓がもとから弱かったり抵抗力が落ちていたりすると、歯周病菌が心臓の内側にある膜に感染します。
この結果、心臓の膜が炎症を起こし、心臓の機能が低下することになります。

動脈硬化

動脈硬化が原因となって起こる虚血性心疾患や脳梗塞の発生率は、歯周病患者で高くなるという研究結果があります。
また、動脈硬化の病巣から歯周病菌が発見されたという報告も発表されています。

動脈硬化と歯周病には何らかの関連があると考えられていますが、詳細はまだ明らかではありません。
一説では、血液中に入り込んだ歯周病菌が、動脈の血管内皮細胞に炎症を起こすことが動脈硬化の原因と言われています。

糖尿病

身体は細菌に感染すると、いろいろなサイトカインと呼ばれる生理活性物質を分泌して、細菌を撲滅しようとします。
歯周病は、慢性的に細菌感染が持続している状態です。
すると体内では、サイトカインが分泌されつづけることになります。

ところがこのサイトカインには、インスリンの働きを弱める作用があることが分かって来ました。
血糖値を下げる作用のあるインスリンの働きが弱まることで、血糖値は上昇します。
このため歯周病の人では、糖尿病になりやすくなると考えられています。

早産・低体重児出産

このふたつにも、歯周病の関与が認められています。

早産については、歯周病菌に対して産生されるプロスタグランジンという物質が、子宮収縮作用をもつためと説明できます。
また、血液中に入った歯周病菌が、羊水に侵入して胎児の発育を妨げることで低体重児になると考えられています。

まとめ

歯周病は思っていた以上に怖い病気であることが分かりました。
歯周病や歯周病が原因で起こる病気の予防のために、しっかり口腔内のケアを行うことが大切です。

スポンサーリンク

関連記事