ケンサポ ケンサポ ケンサポ

   

 アレルギー

患者数は推定4000万人?!アレルギー性鼻炎にも効果を発揮する乳酸菌の力とは?

日本国内のアレルギー性鼻炎の患者数は推定4000万人とも言われ、年々増加傾向にあります。
治療方法はさまざまですが、最近では乳酸菌の摂取も効果的と言われています。
今回はアレルギー性鼻炎と乳酸菌の関係を紹介していきます。

アレルギー性鼻炎とは

アレルギー性鼻炎の原因

アレルギー性鼻炎は、特定の季節に発症する季節性アレルギー性鼻炎と一年中発症する可能性がある通年性アレルギー性鼻炎に分けられます。
主に花粉やハウスダストなどが原因で、これらの原因物質はアレルゲンと呼ばれます。

アレルギー反応のメカニズム

アレルギー反応は、本来私たちの体の身を守る免疫反応の異常によって起こります。
アレルゲンが体内に入り込むと、免疫反応によってIgE抗体が作られ、くしゃみや鼻水の原因となるヒスタミンなどを含むマスト細胞と結びつきます。

この状態では、まだアレルギー反応は起こりませんが、再びアレルゲンが体内に入ってきた時にIgE抗体にくっつくことによって、ヒスタミンなどが放出されることで、くしゃみ、鼻水などのアレルギー反応が起こるのです。

IgE抗体の産生を抑える乳酸菌

アレルギー性鼻炎の原因はIgE抗体が過剰に作られることにあります。
IgE抗体を作る指令を出しているのがヘルパーT細胞です。

ヘルパーT細胞にはアレルギー反応を抑えるTh1細胞とアレルギー反応を促進するTh2細胞があります。
この二つの細胞のバランスが崩れ、Th2細胞が強くなってしまうことでIgE抗体が過剰に作られてしまうのです。

乳酸菌には腸内環境を整えてTh1細胞を強くしTh2細胞を抑える働きがあり、IgE抗体の過剰な産生を抑えることができるため、アレルギー性鼻炎に対する効果が期待できるのです。

乳酸菌の摂取方法

ヨーグルトから摂る

ヨーグルトには多くの乳酸菌が含まれているため、腸内環境の改善に効果的です。
特にL-92乳酸菌やKW乳酸菌など、人やマウスを使った実験でアレルギー性鼻炎への効果が実証されている乳酸菌を含むヨーグルトを摂るとより効果が期待できます。
食品から乳酸菌を摂取する場合は、ヨーグルトの他にもチーズなどの乳製品やキムチや漬物などの発酵食品から摂取することが可能です。

サプリメントから摂る

最近は乳酸菌を含むサプリメントも豊富に販売されています。
サプリメントよっては乳酸菌のえさとなるオリゴ糖を含むものもあり、手軽に、効率よく乳酸菌を摂取できます。

さいごに

乳酸菌は腸内環境を整え、アレルギー性鼻炎の原因となるIgE抗体の過剰産生を抑える効果があります。
これまでアレルギー性鼻炎に悩まされてきた方はぜひ乳酸菌を摂取してみてください。

乳酸菌はヨーグルトなどの食品から摂取できますが、毎日摂取することで効果を発揮するため、手軽に摂取できるサプリメントもおすすめです。
あわせて「乳酸菌おすすめのサプリランキング」もご覧ください。

スポンサーリンク

関連記事