ケンサポ ケンサポ ケンサポ

      2016/04/13

 オルニチン

不眠改善に薄毛予防まで…?!ノンアルコールビールの5つの健康効果とは?

健康のために禁酒しているという方も多いはず。
しかし、飲み会などの付き合いもあり、思うようにはいきませんよね。

そんな時には、ノンアルコールビールがおすすめなんです!

リラックス効果

周りへの気配り

飲み会の席で、「病院から止められて」なんて発言すると、周りをしらけムードにさせてしまうこともあります。
そんな時にはノンアルコールビールを頼むようにしましょう。
周りにも「参加したい」というあなたの意思が伝わるはずです。

ストレス解消とリラックス効果

多くの人がストレス解消にアルコールを飲むことを挙げています。
ノンアルコールビールには、アルコールを摂取した時と同じ抑うつ改善の効果があります。
飲めない人や飲みたくない人にとって、アルコール同様のリラックス効果が生まれるのです。

GABA効果

また、アルコールにはGABAという成分が含まれています。
GABAは中枢神経に作用し、イライラや興奮を抑えて、リラックスさせる効果があります。

不眠症改善

アルコールは睡眠を妨げる

アルコール飲まないと眠れないという人もいます。
しかし、アルコール摂取は深い睡眠を妨げて、何度も目が覚める可能性もあります。

GABAが質をアップする

スペインの研究グループが、不眠症改善に繋がる効果的な発表がされています。
ノンアルコールビールはGABAの持つリラックス効果から、入眠までの時間が短くなることがわかりました。
ノンアルコールビールなら、睡眠の質を高めて、漫然とした不安から解消される効果もあるのです。

肥満や糖尿病予防

アルコールは食欲を高める

肥満を気味の方や糖尿病を予防している方は、できるだけ飲酒は控えたいものです。
アルコールが食欲を高めて食べ過ぎてしまうこともあります。

アルコールは血糖値を下げ、肝機能障害リスクが

通常、ビールなどのアルコールを飲むと血糖値は下がりやすくなります。
それに加えてインスリン、血糖降下剤などの治療中なら低血糖を招く場合もあります。
また、肝機能障害を招く恐れもあります。

上手に取り入れることが大切

しかし、我慢ばかりでは気分が滅入ってしまいます。
ノンアルコールビールを上手に取り入れてみてはどうでしょうか。
1缶だけ、など始めに量を決定すると良いでしょう。

血圧の安定

アルコールのメリット

アルコールを飲むと、必ずしも高血圧になるという訳ではありません。
極少量のアルコールは、体に良いと言われることもあります。
しかし、お酒が好きな方には物足りないかもしれません。

飲み方のポイント

アルコールを飲むと、血管が収縮されて交換神経の活動を活発にするため、血圧が上がります。
血圧の安定には、極少量のアルコールを飲んで、2杯目からはノンアルコールビールがおすすめです。

抜け毛予防

皮脂が増える

通常、ビールは糖分が多く、体の中で脂肪へと変化します。
脂肪分が皮脂へと変わり、頭部の皮脂増加へと繫がってしまいます。
皮脂が増加すると、抜け毛の原因になってしまいます。

血流アップで抜け毛予防

ノンアルコールビールなら代謝を高めて頭皮の血流をアップさせます。
ミネラルやビタミンB群も配合されているので、抜け毛予防に効果を発揮します。

ノンアルコールビールの健康効果をご紹介してきましたが、いかがでしたか?
最近のノンアルコールビールは、味もかなり改良され、言われなければビールだと勘違いしてしまう…なんて声もよく聞きます。
コップに移し替えて飲むと、よりビールを飲んでるような気持ちが増すかもしれませんね。

健康効果を考えるなら、ノンアルコールビール。
是非、皆さんもお試しください。

最近お酒に弱くなったと感じる人はコチラもあわせてご覧ください。

飲み会続きで、あなたの肝臓弱っていませんか?
肝機能の改善には、オルニチンがおすすめ。
あわせて「オルニチンおすすめのサプリランキング」もご覧ください。

スポンサーリンク

関連記事