ケンサポ ケンサポ ケンサポ

   

 成分

国内2,200万人がドライアイ患者?!ドライアイが原因で起こる頭痛の危険性…

ドライアイで悩んでいる方って多いですよね。
我慢して、そのままにしていると頭痛まで引き起こしてしまう可能性もあります。

今回はドライアイの対処方法と頭痛にならない改善方法を特集します。

ドライアイとは

涙の役目

正常な目は涙に常に覆われています。
涙は目を潤すだけではなく、角膜などに栄養を供給する役割があります。
また、目の洗浄や殺菌をして、眼球を守ってくれています。

乾いた眼球

乾いた眼球は涙がなくなり、乾いたままの眼球は傷がつきやすい状態。
目がゴロゴロするなどの不快感があり、痛みや疲れも感じるようになります。

ドライアイの患者は増加しています

パソコンやゲーム機、スマートフォンの普及によって目を使う頻度が急激に増しています。
また、コンタクトレンズやエアコンなどで、目は、疲労した状態になっています。

ドライアイ患者は増加する傾向にあり、2,200万人の患者がいると言われています。

症状は?

まばたきからの刺激

目が乾燥していると、まばたきをすることで目の表面に刺激が生じます。
そして刺激により、ヒリヒリした痛みを感じたり、ゴロゴロした異物感を感じたりするようになります。

光を上手く取り入れられない

外からの光を上手く取り入れられないようになります。
そのため、物が見えにくくなる、ぼやける、かすむなどの症状がでます。
見えにくいかもと思ったら、目が乾燥している合図です。

そのままにしておくとどうなる?

粘膜異常は体への不調へ

ドライアイは少し目が乾くだけでは?と誤解されている方も少なくないのではないでしょうか。

ドライアイを放置していると、眼の表面の粘膜が凸凹した状態へと変化します。
粘膜の異常が様々な体の不調へと繫がってしまうのです。

視神経が反応して頭痛へ

長時間のデスクワークをしていると、目がかすんで見えにくくなることがあります。
これは、疲労を目が感じ取り、ドライアイになっているため。
こうして視神経が過敏に反応し、頭痛を引き起こしてしまうのです。

偏頭痛とは

偏頭痛は、脳の血管が拡張して発症します。
光などの強い刺激、疲労感からも頭痛になることがあります。

緊張型頭痛

また、緊張型頭痛という頭痛もあります。
長時間の同じ姿勢による血流低下や精神的なストレスから発症します。

ドライアイの解消が大切

頭痛の痛みは頭痛薬を飲むことで解消されます。
しかし原因であるドライアイが解消されないと再び、頭痛に発展してしまう可能性があります。

頭痛にならないために、改善方法

休憩を取ろう

長時間、同じ姿勢で作業するなら、休憩時間を取るようにしましょう。
1時間に5分間を目安に、簡単な伸びやストレッチを行うと良いでしょう。
血流が良くなり、眼の疲れも改善します。

点眼が大事

ドライアイを感じたら、目薬をさして乾燥を防ぐようにしましょう。
また、意識してまばたきをして目を乾燥から守りましょう。

ドライアイは、眼の病気です。
おかしいなと感じたら一度、眼科を受診すると良いでしょう。

あなたも目の健康を考え直してみませんか?
眼精疲労などの目のトラブルにはブルーベリーが効果的。
ブルーベリーおすすめサプリランキング」も併せてご覧ください。

スポンサーリンク

関連記事