ケンサポ ケンサポ ケンサポ

   

 グルコサミン

関節リウマチや変形性関節症…痛くて辛い関節痛の原因と自分で出来る予防法は?

痛くて辛い関節痛ですが、関節が痛むのには色々な原因があります。
深刻な病気から普段の心がけで改善できるものまで、一口に関節痛と言っても様々です。

関節痛の原因となる病気

関節リウマチ

関節リウマチは30~50歳くらいの女性に多い病気で、自己免疫疾患の一種です。
病気が進むと、関節自体が破壊されて変形を起こしてしまいます。
治療をせずに放っておけば、最終的に寝たきりになってしまうこともある恐ろしい病気です。

症状としては、関節痛以外に微熱や倦怠感・食欲不振や貧血など関節だけではなく全身に症状が現れます。
自分で気付きやすいものとしては、朝方の関節のこわばりが挙げられ、この症状があったときには特に注意が必要です。
関節リウマチは早期の発見と治療が大切なので、前述したような症状が現れたら専門医に相談することをお勧めします。

変形性関節症

変形性関節症は、主に関節の老化で発症する病気です。
関節の中にある軟骨が加齢とともにすり減ることにより、関節付近が炎症を起こします。

変形性関節症が一番起こりやすい部位はひざだと言われています。
立っているときの全体重を支えている部位なので、負担が大きく関節が傷みやすいのです。

変形性関節症は誰にでも起こり得る病気ですが、肥満気味の方や運動不足の方は特に注意が必要です。

スポーツによる関節痛

中高年になってからスポーツを始めたという方も、関節痛になる可能性が高いです。
激しいスポーツではなくても、加齢により関節の軟骨がすり減っているのでひざなどに負担がかかります。

中高年になってから運動を始めるときは、ストレッチなどの準備運動などを欠かさないようにしましょう。

自分でできる関節痛の予防法

肥満を解消する

体重が重いと膝に負担がかかり、関節痛を起こしやすくなります。
適度な運動は関節痛の予防にも効果的なので、無理のない範囲でダイエットを行いましょう。

また、食事は筋力を落とさないようにたんぱく質を多めに摂るようにし、骨を丈夫にするためカルシウムもしっかり補給するようにしてください。

サプリを利用する

関節痛を予防するサプリメントとして一般的なのがグルコサミンです。
サプリを選ぶときは、グルコサインだけでなくコンドロイチンも一緒に配合されたものを選びましょう。

グルコサミンとコンドロイチンを同時に摂取すると、相乗効果でより効果が高まります。
「グルコサミンサプリおすすめランキング」も、併せてご覧ください。

体を冷やさないようにする

体が冷えると、血行が悪くなり関節付近の組織も固くなるので関節痛が悪化しやすくなります。
カイロや温湿布などを使い、体を冷やさないようにしましょう。

最後に

関節痛が起こるのは、体が発するSOSのサインなので深刻に受け止めるようにしましょう。
症状が辛いときは、整形外科など関節痛に詳しい専門医に相談するようにしてください。

スポンサーリンク

関連記事