ケンサポ ケンサポ ケンサポ

   

 健康法

冷やしトマトに刺し盛り…動脈硬化を予防する居酒屋メニュー5選

動脈硬化が心配だけど、お酒は飲みたい!居酒屋には行きたい!
そんな時には、動脈硬化を予防してくれる食材の入った居酒屋メニューを頼みましょう。
この記事では、動脈硬化を予防する効果のある居酒屋メニュー5選をご紹介いたします。

海藻サラダ

海藻サラダに入っているワカメやコンブには、動脈硬化を予防する健康成分がたくさん入っています。

ワカメやコンブに含まれるアレギン酸はコレステロールを低下させ、腸内のナトリウムを体外に排出しやすくします。
また、同様に多く含まれるフコイダンは腸内の余分な老廃物を体外に出しやすくし、体の免疫力も高める一石二鳥の効果があります。

冷やしトマト

トマトに含まれる赤い色素のリコピンは、血中の善玉コレステロールを増加させる効果があると言われています。
また、リコピンは高い抗酸化作用により動脈硬化の原因となる悪玉コレステロールの酸化を抑制する働きもあります。

その他にも、様々な健康効果のあるトマトは健康を気にするなら是非積極的に食べたい食品です。

豆腐ステーキ

動物性たんぱく質を過剰に摂取することは、動脈硬化を進めてしまう原因になります。
ですので、動脈硬化が心配なときは大豆など植物性のたんぱく質を積極的に摂りましょう。

さらに、大豆のたんぱく質には腸内のコレステロールの吸収を抑制し便として排出させる働きもあります。
居酒屋に行ったときは、豆腐ステーキや冷ややっこなどの大豆料理をチョイスしましょう。

刺身の盛り合わせ

魚には、血栓ができるのを防ぎ血中のコレステロールを下げる作用のあるEPAやDHAがたくさん含まれています。
特にイワシやサバなどの青魚にたくさん含まれているので、これらの魚の新鮮な刺身は動脈硬化の予防に効果的です。

また、貝類やタコにはコレステロールの排出を促すタウリンが入っているので、ホタテやタコの刺身などもおつまみとしてお勧めです。

ほうれん草の胡麻和え

ほうれん草には動脈硬化を予防する葉酸やベタインなどの健康成分が豊富に含まれています。

また、胡麻には活性酸素を除去してくれるセサミンやセサミノールなどの健康成分が多く含まれており、動脈硬化を予防する効果があります。
この二つの健康食材が合わさったほうれん草の胡麻和えは、動脈硬化の予防に効果的な居酒屋メニューと言えるでしょう。

まとめ

動脈硬化を予防する効果のある居酒屋メニューをご紹介しました。
動脈硬化が心配だけど居酒屋に行きたいときは、今回ご紹介したメニューを是非お酒と一緒に頼んでみてくださいね。

スポンサーリンク

関連記事