ケンサポ ケンサポ ケンサポ

   

 セサミン

昔ながらの健康食品「ごま」を摂取すると、どうして動脈硬化の予防になるの?

栄養豊富な「ごま」は、昔から健康食品として注目され、食卓で親しまれています。
今回は、その「ごま」がなぜ、動脈硬化を予防することができるのかを見ていくことにしましょう。

そもそも動脈硬化って何?

血中の悪玉コレステロールが多くなってくると血圧を高め、血管の老化を促進してしまいます。
徐々に血管がボロボロの状態になっていくような症状を動脈硬化といいます。

場合によっては、怖いことに血管が破裂してしまうこともあるのです。
また、動脈硬化をそのまま放っておくと、生活習慣病の原因になります。

さらに、放置すれば、狭心症、心筋梗塞、脳梗塞などの恐ろしい病気を突然発症してしまったりする可能性があります。
そんな恐ろしい病気にならないように、その病気の一歩手前の症状としてあらわれる、動脈硬化にならないようにすることが重要なのです。

動脈硬化になってしまう原因は何?

肥満や加齢、糖尿病、運動不足、ストレスなどいろいろな原因があるといわれています。
また、日頃から、動物性脂肪の多い食事を摂っていたりすると、血管内にコレステロールや中性脂肪が溜まりやすくなるのです。

その結果、動脈硬化になりやすいといわれています。
血液検査などで、悪玉コレステロール値が高かった人は特に注意する必要があります。

それは、悪玉コレステロール値が高いと、動脈硬化が進行してしまうからです。

ごまを食べると動脈硬化の予防になるの?

セサミンの効果

動脈硬化を防ぐには、血液中の余分な悪玉コレステロールを減らす必要があります。
そして、ごまに含まれているセサミンという成分には、この悪玉コレステロールを減らす作用があるのです。

悪玉コレステロールが減ることにより、動脈硬化などの予防に効果的なのです。

リノール酸の効果

ごまの油に含まれる不飽和脂肪酸であるリノール酸は、悪玉コレステロールを流す作用があり、溶解してくれます。
その結果、血液中のコレステロール値を正常に保ち、血管の老化を防いでくれるのです。

また、リノール酸は一般的に酸化しやすく、それがまた、動脈硬化を起こしやすくすると言われています。
しかし、嬉しいことに、ごまには酸化を防ぐビタミンEも含まれており、安心して食べることができるのです。

最後に…

今回は、「ごま」を摂取することで、なぜ動脈硬化を予防することができるのかを見て参りました。
毎日、積極的にごまを食べて、動脈硬化の予防を心掛けていきたいですね。

セサミンを効率的に摂取するには、サプリメントがおすすめ。
最近ではごまからセサミンだけを抽出、生成したサプリメントが開発されていますので、こういった希少な成分の補給にこそ利用すべきですね。
セサミンはビタミンEとの相性が良く、同時に配合された製品も出ています。

「セサミンサプリ ランキング」も併せてご覧ください。

スポンサーリンク

関連記事