ケンサポ ケンサポ ケンサポ

   

 乳酸菌

どうせなら効率よく!!乳酸菌を摂取するベストな時間は食前?食後?

身体に良い乳酸菌ですが、せっかく摂取するなら最も効果的な時間帯を狙いたいものです。
ここでは、乳酸菌を摂取するのに最も良いタイミングについてご紹介します。

乳酸菌を摂るのに適した時間帯

日常生活で乳酸菌を摂る代表的な方法は、ヨーグルトを食べる、または飲むことでしょう。
朝食にヨーグルトを食べる人は多いと思いますが、できれば夜に食べた方が高い効果を得られます。
特に、便秘を解消する目的なら夜に乳酸菌を摂るのが良いでしょう。

腸の活動が活発になるのは、午後10時から午前2時の間という説があります。
この時間帯の2~3時間前に乳酸菌を摂取すると、整腸効果がアップします。
夕食後の時間帯に意識して乳酸菌を摂ることで、便秘改善を含めた様々な効果が期待できます。

一方、朝にヨーグルトを食べるのが悪いと言うわけではありません。
朝のヨーグルトは、朝の時間帯にまだ寝ている腸を覚醒させる効果が期待できます。
乳酸菌はどの時間帯に摂取しても健康に良く、最も効果が期待できるタイミングが夜ということです。

乳酸菌を摂るのは食前?食後?食間?

乳酸菌は、食前や食間よりも、食後に摂取するのが効果的です。
ヨーグルトを食後のデザートとして食べる習慣は、実は理に適ったものです。

乳酸菌は胃酸に弱く、食前に摂取すると強力な胃酸で死滅してしまいます。
食後に乳酸菌を摂ると、他の食べ物で薄められた胃酸をくぐり抜け、生きて腸まで辿り着きます。

食後以外のタイミングで乳酸菌を摂取する場合は、少し水を飲んでからにするのがオススメです。
胃酸を水で薄めることで、摂取した乳酸菌を無駄なく効果的に体内で働かせることができます。

乳酸菌を摂取する量やスパンは?

体外から摂取した乳酸菌は、そのうち体外に排出されてしまいます。
その分を補うために、乳酸菌は毎日欠かさず摂取することが大切です。

1回に大量の乳酸菌を摂取しても効果は薄く、毎日適量を確保した方が良い効果を得られます。
ヨーグルトの場合、1日に多くても500mlくらいまでが適量とされています。
朝昼晩にヨーグルトを食べると、このくらいの量を無理なく摂取できます。

なお、乳酸菌は複数の食品から摂取すると相乗効果が得られると言う研究もあります。
乳酸菌はヨーグルト以外にも、チーズや味噌、漬物などに含まれています。
多くの食品に乳酸菌が含まれているので、毎日のメニューに組み込めば、簡単に乳酸菌を摂取することができます。

最後に…

いかがでしたか?
皆さんも、毎日の食事に乳酸菌をプラスして、健康な生活を送るようにしましょう。

食事からの摂取は大変…という方にはサプリメントがおすすめです。
あわせて「乳酸菌おすすめのサプリランキング」もご覧ください。

スポンサーリンク

関連記事