ケンサポ ケンサポ ケンサポ

   

 眼病

脳の疲労と視力低下の知られざる関係とは?その回復方法って?

1日のうち、朝が1番視力がよく、起きてから時間が長くなるにつれ視力低下を感じるのは、多くの人が経験しているでしょう。
この現象、実は脳の疲労と関係があると言われています。
それはどのようなことか、そしてその回復方法を解説していきます。

目が悪くなったのではなく、脳が疲労が原因

私達の目は、私達が思う以上にたくさんの物を起きている限り見ています。
その目からの情報を処理している脳は活動時間が長くなれば、どんどん疲れてしまうのです。
目で見ている映像に脳が反応するのに、時間がかかるようになってしまうのはこのため。

要するに、目はちゃんと映像を捕えているのです。
しかし、お疲れの脳は鈍くなってしまって、目で捕えた映像を認識するのに時間がかかってしまうわけです。
それで、視力低下したような感じがするのかもしれません。

脳は私達が思う以上にたくさんの仕事を同時にしている

私達は目で周囲を見ながら、ハンドル操作をし、アクセルを踏んで、車を運転します。
その間に、音楽を聞いている人も多いでしょう。
音楽と一緒に唄を唄っている人も珍しくないでしょう。

更に、同乗者がいて、会話をしながら車を運転していることもあるでしょう。
その間、脳はずっと激しく活動をしています。
私達が危険な目に合わないように瞬時に判断しているのです。

脳はかなりのマルチタスクを実行中。
ですから、起きてからどんどん時間が長くなるにつれて、疲れるのです。
それで、反応が鈍くなっていまうのも、不思議ではありません。

目を少しでも休ませるのが一番の回復方法

起きて活動している限り、常に何かを見て脳に情報を伝えているわけです。
これをしている限り、脳はお疲れのままです。
最も簡単な回復方法は目をつぶって少し眠るとか、眠らなくても目をつぶってリラックスすることです。

もう1つは遠くの緑の景色をぼんやりと眺め、リラックスすること。
こうすることによって、脳もリラックスできるのです。
眠ることができない状況ならば、遠くの緑や自然の多い景色を見てリラックスしましょう。

まとめ

脳の疲労と視力低下とは密接な関係があることが、おわかりいただけましたでしょうか。
目がかすむなどという理由で、ただ目薬を使ったりしても回復しない人は、脳の疲労を疑ってみましょう。
できれば、目を酷使しないようにして、少しでもリラックスをして脳を休めてあげるのが視力回復には大切です。

あなたも目の健康を見直してみませんか?
ブルーベリーサプリランキング」も併せてご覧ください。

スポンサーリンク

関連記事