ケンサポ ケンサポ ケンサポ

   

 ストレス解消

最近増えてる!「過敏性腸症候群」には○○菌が効果的!その理由とは?

急にお腹が痛くなる、便秘が続くといった症状に悩まされている人はいませんか?
それは、最近増えている過敏性腸症候群になっている可能性があります。

ここでは、過敏性腸症候群と症状緩和に役立つ乳酸菌について見ていきましょう

過敏性腸症候群とは

体に異常となる原因がないのに、腸の働きが上手く機能しないで下痢や便秘が続く状態になることを言います。
では、なぜ腸に異常がないのに腸の不調が起こるのでしょうか。

これは、ストレスによって腸内細菌のバランスが崩れることが一番の原因であると言われています。

何で乳酸菌が過敏性腸症候群に効くの?

乳酸菌には腸内環境を整える働きがあり、ストレスとなるホルモンの分泌も抑えることが確認されています。
過敏性腸症候群は、慢性的な下痢や便秘を繰り返すため腸内環境が悪化しており、腸内環境を整えるために乳酸菌の力が必要となってくるのです。

腸内環境を整えるには

腸内環境は、善玉菌と悪玉菌の勢力争いによって変化します。
腸内に存在できる善玉菌と悪玉菌の全体数は、決まっていてその比率によって腸内環境が決まってきます。

悪玉菌が増えると、腸内がアルカリ性になり悪玉菌の増殖が活発になります。
善玉菌が優位になると、乳酸菌が腸内で増殖して有機酸という物質が産生されます。

この有機酸という物質は、腸内を弱酸性にしてくれます。
そして悪玉菌の増殖を防ぎ、有害物質の吸収を抑える効果だけでなく腸の蠕動運動も促進させると言われています。

ですから悪玉菌を減らすために、乳酸菌を体内に取り入れなくてはなりません。

どうすれば善玉菌を増やせるか

腸内の善玉菌と悪玉菌は、排便時に体の外に出されてしまうので、積極的に乳酸菌などの善玉菌を取り入れる必要があります。
善玉菌を増やす一番の方法は、ヨーグルトや発酵食品などに含まれている乳酸菌を多く摂取することです。

乳酸菌の効果的な摂取方法

乳酸菌の摂取量は、ヨーグルトなら1日100gがお勧めです。
乳酸菌には約350種類あり、人によって合う菌が違うため自分に合った乳酸菌を取ることが大切です。

食品から取れない場合は、サプリメントを利用すると良いです。
サプリメントは、乳酸菌が腸まで届くように作られているため、非常に効率的。
また、乳酸菌は空腹時に摂取すると胃酸でやられてしまうので、食後に取るようにしましょう。

乳酸菌の効果のまとめ

乳酸菌の与える効果はいかがでしたか?
現在はストレス社会といわれており、過敏性腸症候群の患者数は急増しています。

ストレスをコントロールするのは難しいですが、腸内環境は乳酸菌を摂取することで改善されます。
乳酸菌で体質改善に励みましょう。
あわせて「乳酸菌おすすめのサプリランキング」もご覧ください。

スポンサーリンク

関連記事