ケンサポ ケンサポ ケンサポ

   

 健康法

視力低下にブルーベリーは効果的?目以外にも期待できる効果とは?

パソコンやスマホを使っていると、目が疲れて、視力が低下してきたなと感じることってありますよね。
インターネットを見ていると、ついつい止める時間を忘れてしまいがちになり、集中してしまうこともあります。
終わった時には、目が疲れた、視力が低下したなんてことも。

そこで、気になるのが、視力低下に効果を発揮するのではという果物のブルーベリーです。
本当にブルーベリーには、目に良い効果があるのでしょうか。

ブルーベリーの成分、アントシアニンとは

青紫の色素

ツツジ科の果実であるブルーベリーは、青紫色をしています。
細かな品種は数百種にも。

このきれいな青紫色は、アントシアニンという色素が含まれているからです。

網膜の中のロドプシン

目には、網膜の中にロドプシンという色素があります。
アントシアニンは、このロドプシンの働きを助けています。
ロドプシンの動きが悪くなると、物がぼやけて見えたり、チカチカしたりするようになります。

アントシアニンは定期的に必要

しかし、アントシアニンは口から取り入れても、体内に留まっていられる期間が短く、尿と一緒に排出されてしまいます。
ですから、毎日定期的に取り入れなければなりません。

視力低下を防げるの?

劇的な効果は?

アントシアニンは、ロドプシンの補助的な役割をしていますが、それだけで視力回復できることはありません。
例えば、パソコンで疲れた目に、突然、ブルーベリーを食べたからと言っても、急激な変化は現れないのです。

目は使う一方

しかし、現代では目を酷使して仕事をする機会も増えています。
年齢や疲労を重ねると、一旦、悪くなった目を再び、復活させることはとても困難です。

アントシアニンの効果

アントシアニンには、ロドプシンのある網膜の働きを促して、眼精疲労に効果があります。
視力低下に直接の効果は期待できませんが、ブルーベリーを摂取することで、目に良い働きが期待できるのです。

他にもある!ブルーベリー効果

抗酸化作用

ブルーベリーには、体内に作られた活性酸素を取り除く、抗酸化作用があります。
活性酸素とは、人間が紫外線やストレス、喫煙などによって体の中に発生するサビのようなもの。
このサビが私達の体の中で、血管や細胞などに影響を与え、生活習慣病や老化などの病気の原因とも言われています。

食物繊維がたっぷり

また、ブルーベリーには、食物繊維も豊富に含まれています。
食物繊維には、水溶性と不溶性がありますが、ブルーベリーには、2つとも含まれています。
2種類の食物繊維を同時に摂取することで、腸内環境を整え、便秘や整腸効果もあります。

小さな粒に無限の健康パワーを秘めているブルーベリー。
皮もタネもそのまま丸ごと食べられますので、毎日食べたい果物ですね。

とはいえ、毎日のブルーベリーを食べる…というのは、経済的にも困難。
そんな方は、サプリメントで取り入れてみてはいかがでしょうか?
ブルーベリーおすすめサプリランキング」も併せてご覧ください。

スポンサーリンク

関連記事