ケンサポ ケンサポ ケンサポ

   

 健康法

疲れやすい…疲れが溜まっている方必見!黒酢にんにくの作り方とその効果とは?

疲労回復などに効果的と言われる黒酢にんにく。
サプリメントの、テレビCMや折り込み広告などを目にしたという方も少なくないのではないでしょうか。

今回は元気の源と話題の、黒酢にんにくにはどんな効果や作り方についてみていきます。

そもそも黒酢にんにくって何?

「黒酢」と「にんにく」という、健康によいとされる2つの食品を組み合わせることで、より強力な効果が期待できる黒酢にんにく。
最近では、サプリなどで手軽に摂ることもできるようになっています。

黒酢にんにくの効果って?

黒酢もにんにくも健康効果の高い食品ですが、それぞれどのような効能があるのでしょうか。

アミノ酸が豊富な黒酢

まず黒酢ですが、普通のお酢と製法が異なり、玄米を原料としておよそ1年~3年もの長期間にわたってじっくりと発酵させられます。
このような原料・製法の違いによって、普通のお酢と比べてアミノ酸の含有量が飛躍的に多くなっているのです。

アミノ酸の効果によって、血流をよくしたり高血圧を抑制する効果が高いと言われています。

にんにくパワーの源アリイン・アリシン

一方にんにくですが、「アリイン」という非栄養性機能物質が含まれているのが特徴。
このアリインがアリイナーゼという酵素と反応してできる物質が、にんにくの強烈な臭いの元でもある「アリシン」です。

にんにくの主な効能である抗菌作用や疲労回復効果は、このアリシンの持つ作用なのです。

黒酢とにんにくのダブル効果

これらの高い健康効果をもつ2つの食品を組み合わせてできたのが、黒酢にんにく。
黒酢にんにくは疲労回復や高血圧予防などの健康面での効果だけでなく、新陳代謝がアップすることで美肌やダイエットにもプラスの美容効果が期待できます。

黒酢にんにくの作り方

黒酢にんにくは、毎日摂取することで効果を発揮します。
もちろん、自宅で作ることも可能です。

それでは早速、黒酢にんにくの作り方を見てみましょう。

1. にんにくを準備する

国産の良質のにんにくを購入します(ただし、高価すぎる特別なにんにくを選ぶ必要はありません)。
それを皮をむいて1片ずつ小分けにしておいてください。

2. にんにくと黒酢を漬け込む

きれいに洗った密閉容器に黒酢とにんにくを入れます。
にんにく6片に対して、黒酢200mlの割合がちょうどよいと言われていますので、この割合で必要な分量を作ってください。
2週間ほど直射日光の当たらない涼しい場所で漬け置きしたら出来上がりです。

最後に…

黒酢にんにくを自宅で作ると、そのまま食べる(飲む)だけでなく、調味料として料理に加えることもできます。
とはいえ、にんにくは匂いが気になる…なんて方もいらっしゃいますよね。

口臭を気にしないで、にんにくの効果を味わうにはサプリメントがおすすめです。
併せて「黒酢にんにくサプリランキング」もご覧ください。

スポンサーリンク

関連記事