ケンサポ ケンサポ ケンサポ

   

 うつ病

血糖値の乱高下が睡眠に悪影響!低血糖による不眠って?

血糖値と言えば高くなると糖尿病になるイメージが強いと思います。
しかし、低血糖も不眠やうつ病などの原因になります。

不眠で悩んでいる方はもしかしたら低血糖が原因かもしれません。
では、不眠と血糖値にはどのような関係があるのでしょうか?

低血糖がなぜ不眠の原因となるのか

血糖値が変動する仕組み

血糖値は食事や運動、ストレスなどによって変動しますが、特に影響が大きいのが食事です。
食後はブドウ糖の血中濃度が上がり、血糖値が上がります。
血糖値が上がるとインスリンが分泌され、ブドウ糖が肝臓や筋肉に取り込まれ、血糖値が下がっていきます。
健康であればこのようにして血糖値はある程度一定に保たれています。

しかし、インスリンの分泌が少なくなったり、分泌されてもうまく働かなかったりすると、高血糖が続き、糖尿病になってしまいます。
低血糖は糖尿病の治療でインスリンが過剰になったり、過度のダイエットで栄養が不足したりすることなどが原因で起こります。

低血糖と不眠

低血糖になると血糖値を上げるためにアドレナリンやノルアドレナリンなどが分泌されます。
その結果、交感神経が優位な状態になり、心身の緊張状態が続いてしまうため、不眠の原因になってしまうのです。

空腹時血糖値が正常でも要注意

空腹時血糖値が正常な人でも、血糖値の調節がうまくできず、血糖値が乱高下することで、低血糖状態になり、不眠の原因となることがあります。
睡眠中に一気に血糖値が下がった場合、アドレナリンなどが分泌され、寝汗をかいたり悪夢を見たりして睡眠の質が悪くなってしまうのです。
このように血糖値が乱高下して、血糖値の調整がうまくできなくなることを低血糖症と言います。

低血糖症による不眠とは

低血糖症は、ブドウ糖になりやすい炭水化物の継続的な摂取が原因で、インスリンの分泌の調節がうまくできなくなり、低血糖状態を引き起こします。

低血糖症による不眠の特徴

低血糖症による不眠の場合、以下のような特徴があります。

・寝汗をかいたり悪夢を見たりして睡眠の質が悪い
・就寝前に何か食べないと眠れない
・午後3~4時ごろに眠気や集中力の低下を感じる
・目覚めが悪く、疲れが取れない
・イライラしたり不安になったり、感情の起伏が激しい

このような症状がある場合は低血糖症の可能性があります。

低血糖症による不眠の改善策

低血糖症による不眠の場合、大切なのは血糖値を乱高下させないことです。
そのために必要なことは食事や食事方法の改善です。

ごはんやパンやお菓子は糖質が多く、血糖値が上がるスピードも速いため、量を減らし、肉や魚などのタンパク質を多めに摂るようにしましょう。
糖質を摂りすぎた時は、運動するとブドウ糖が筋肉に取り込まれるため、インスリン分泌も少なくなります。
また、食事する時は最初にタンパク質や食物繊維を摂ると、血糖値の上がり方が緩やかになります。

さいごに

低血糖症は不眠だけでなく、パニック障害やうつ病の原因となることもあります。
また、不眠が血糖値を上げ、糖尿病のリスクを高めるというデータもあります。
症状に当てはまることがあれば病院で検査したり、生活習慣を見直したりして早急に不眠を改善していきましょう。

スポンサーリンク

関連記事