ケンサポ ケンサポ ケンサポ

   

 ストレス解消

お腹が張る、ゲップがよく出る…そんなアナタは呑気症かも?改善法は?

特にお腹の調子が悪いわけでもないのに、ゲップやお腹の張りがなかなか治らないなんてことはありませんか?
もしかすると、その症状は呑気症(どんきしょう)かもしれません。

呑気症(どんきしょう)とは

呑気症の別名は、空気嚥下症(くうきえんげしょう)と言います。
普段の生活の中で大量の空気を飲み込んでしまい、胃や腸に空気が溜まり、引き起こされる症状のことです。

呑気症の症状

呑気症の具体的な症状としては、ゲップ・お腹が張る・食欲不振・オナラがしたくなる・胸の痛み・頭痛などがあります。
特に胃や腸などに異常が無いのに、こういった症状が出る場合は呑気症の可能性が高いです。
また、オナラなどの症状が人前で出てしまわないか不安になり、それ自体が大きなストレスになってしまう場合もあります。

命に関わる病気では無いものの、普段の生活をする上では非常に辛い症状とも言えます。

呑気症の原因とは

ストレス

呑気症の症状は、ストレスと深い関わりがあると言われています。
仕事などでストレスを感じたときに、無意識にツバを「ゴクッ」と飲み込んでしまうことはありませんか?

そういったことが習慣的に続いてしまうと、胃や腸に空気が溜まり、呑気症を引き起こす原因になってしまいます。

歯を噛みしめる癖

上下の歯を噛みしめる癖のある人も、呑気症になりやすいとされています。
普通口を閉じている状態で歯は噛みしめないものですが、緊張やうつむき加減の姿勢などが原因で歯を常に噛みしめる癖のある人がいます。

上下の歯が離れている状態だとツバは飲み込みづらいのですが、噛み合っている状態だとツバが飲み込みやくなるので、結果的に呑気症になりやすいのです。

呑気症の改善法

ストレスを溜めないように心がける

前述した通り、ストレスは呑気症にとって一番良くないものです。
完全な解消は難しいかもしれませんが、仕事中であればお茶を飲んで一息つくなど、自分なりのストレス解消法を探してみてください。
深呼吸や背伸びなども、手軽なストレス解消法としてお勧めです。

歯を噛みしめる癖を無くす

歯を噛みしめる癖もストレスと深く関係していて、日常のストレスが軽減されれば歯の噛みしめも無くせる可能性が高いです。
うつむき加減の姿勢も良くないので、なるべく正しい姿勢を普段から心がけるようにしましょう。

早食いを止める

早食いをする癖のある人は、食事と一緒に空気も飲み込みやすくなります。
食事はなるべくゆっくりと、良く噛んで食べるようにしてください。

仕事や人間関係のストレスなど、自分ではなかなか改善しづらいと感じたら心療内科の受診も考えましょう。
なかなか治らなくても焦らずに、ゆっくりと改善していくことが大切です。

スポンサーリンク

関連記事