ケンサポ ケンサポ ケンサポ

      2016/03/31

 健康法

ダイエットや二日酔いにも?!鹿児島県の伝統食「茶節」の効果と作り方は?

皆さんは「茶節」という食べ物をご存じでしょうか。
茶節はとても手軽に調理できるうえ、体にも嬉しい健康効果がたくさんある鹿児島の伝統食なんです。
今回はそんな茶節について、作り方も含めて詳しくご紹介したいと思います。

鹿児島県の伝統食「茶節」って?

茶節(ちゃぶし)とは、鹿児島県で昔から親しまれている郷土料理です。
作り方はとても簡単で、かつお節と味噌を汁椀に入れて、緑茶やお湯を注いでかき混ぜるだけ。
かつお節は出汁としてだけではなく、具として汁と一緒に食べることも多いようです。

この茶節は手軽で美味しいだけではなく、緑茶や味噌・かつお節を豊富に含んでいる健康食材として地元の方に愛されています。

美味しいだけじゃない!茶節の健康効果について

風邪対策

茶節の材料である緑茶には、殺菌作用のあるカテキンがたくさん含まれています。
このカテキンが喉のウイルスを消毒してくれるので、茶節は風邪対策としても有効なんですね。
また、かつお節に含まれる「イノシン酸」は、細胞を活性化させ新陳代謝を促してくれるので、こちらも風邪を引いたときに有効な成分です。

二日酔いに

茶節は、二日酔いになったときなど体調が優れないときに多く飲まれてきました。
緑茶に含まれるカフェインやビタミンCが二日酔いに効果的なことに加え、味噌やかつお節に含まれる、豊富なアミノ酸やミネラルが二日酔いで疲れた体を癒してくれます。
お酒の飲み過ぎで失われた水分を補給することもできるので、茶節は二日酔いのときの強い味方なのです。

カフェインの二日酔いへの効果についてはコチラをご覧ください。

女性に嬉しいダイエット効果も

茶節は体を温めてくれるので、体の血流も増えて代謝もアップ。
つまり茶節には女性に嬉しいダイエット効果もあったんです。

単に体を温めるだけでなく、味噌に含まれる「アディポクネチン」という善玉ホルモンは脂肪の燃焼を活性化させる作用を持っています。
その他にも緑茶の血糖値上昇を抑える作用や、かつお節に含まれるヒスチジンの食欲を抑える作用など、茶節にはダイエットに有効な成分がたくさん入っています。

とっても簡単!茶節の作り方

1.まずは味噌を用意して、汁椀に大さじ一杯ほどの量をすくって入れます。

2.次にかつお節を用意します。
かつお節は市販のパックのものでも良いのですが、削りたてのものであれば更に風味が良くなります。
その用意したかつお節を1パック、味噌が入った汁椀のなかに入れます。

3.最後に熱湯か緑茶を汁椀に注いで、よく混ぜれば完成です。
お好みでネギや生姜、卵黄などを足してください。

とっても手軽で体にも嬉しい効果がいっぱいの茶節。
皆さんも体調が優れないときなどに、鹿児島の伝統食である茶節を作って飲んでみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

関連記事