ケンサポ ケンサポ ケンサポ

   

 健康法

肩こりが高血圧の原因?肩こりと高血圧の意外な関係性…

肩こりと高血圧に関して悩む人は多く、年を重ねるにつれて増えてきます。
どちらも原因はさまざまで、関連性がないように見えますが、一方が影響を与えている場合もあります。
今回は肩こりと高血圧の関係について見ていきましょう。

肩こりと高血圧の原因

肩こりの原因

厚生労働省の調査によると、日常生活で自覚する症状において、肩こりは女性では1位、男性では腰痛に次いで2位になっています。
肩こりの主な原因は姿勢の悪さ、運動不足、ストレス、眼精疲労です。
女性の方が男性に比べて肩こりを感じる人が多い理由は、更年期障害の影響で血流が悪くなりやすいためです。

高血圧の原因

高血圧は自覚症状がほとんどなく、進行すると動脈硬化になり、脳や心臓などの血管に命に関わる障害を引き起こします。
厚生労働省の調査によると、高血圧は通院率が男女とも最も高く、生活習慣病の一つとされます。

高血圧の主な原因は運動不足、ストレス、塩分の過剰摂取、遺伝的要因です。
これらの他に腎臓病やホルモン異常など、病気が原因となる場合もあります。

肩こりと高血圧の関係

肩こりと高血圧の原因は運動不足やストレスなど、似たような部分もありますが、一方が原因になっている場合もあります。

血行不良が高血圧を招く

肩こりはさまざまな原因によって、肩周りの筋肉が萎縮して血行が悪くなり、疲労物質がうまく流れなくなるため、痛みを感じます。
血行が悪くなると血流を生み出している心臓がどうにか血行を良くしようと、血液を強く送り出すために血圧が高くなってしまうのです。

ストレスが高血圧を招く

肩こりはストレスが原因で起こることがある一方で、ストレスの原因となることもあります。
肩がこると、首や頭が重くなるため、多くの人はストレスを感じます。
ストレスを感じると体が緊張状態になり、交感神経が活発に働くため、心拍数が増加し、血圧が高くなってしまうのです。

高血圧が肩こり原因になる場合も

高血圧は自覚症状が少ないと言われますが、進行すると症状の一つとして肩こりを感じることがあります。
高血圧になると血管に負担がかかり、血流に障害をきたしてしまうため、肩こりを感じることがあるのです。
また、低血圧の場合も体が冷えたり、血流障害がでたりして肩こりを感じることがあります。

さいごに

肩こりが高血圧の原因となることが多いですが、肩こりと高血圧は互いに影響します。
どちらにも言えることは、生活習慣を見直すことで改善の余地があるということです。
肩こりの症状や高血圧がある場合は原因をよく考えて、適度な運動や食生活を改善してみください。

運動や食事でも症状の改善が見られない時は、病気が原因となっている場合もあるので、できるだけ早く病院で検査を受けるようにしてください。

スポンサーリンク

関連記事