ケンサポ ケンサポ ケンサポ

   

 狭心症

脳梗塞、狭心症…生あくびは怖い病気のサインかも?!

眠くないのになぜか出てしまう生あくび。
ストレスや疲労などから出てしまうことがほとんどですが、連続して出たり、頭痛や吐き気を伴ったりする生あくびは重大な病気のサインの可能性も。

今回は危険な生あくびについてご紹介していきたいと思います。

なぜ生あくびが出るのか

あくびが出るメカニズムはいまだにきちんと解明されていませんが、脳への酸素供給、顔面のストレッチなどと言われています。
最近ではあくびが体温調節に使われているという説も出ているそうです。
生あくびも基本的にはあくびと同じですが、眠くなくても出てしまうという違いがあります。

脳の疲労

ストレスや疲労がたまっている場合は、脳のエネルギー消費が高まり、酸素不足になるため生あくびが頻発することがあります。
また、睡眠時無呼吸症候群などで休息がきちんと取れていない場合にも、生あくびが出ることがあります。

緊張

試験前や大きな商談の前など、緊張した時に体をリラックスさせるため、生あくびが出ることもあります。
緊張時は全身の筋肉が固まり、呼吸が浅くなって体内の酸素が少なくなるため、空気中の酸素を取り入れようとして生あくびが出るのです。

偏頭痛の前兆

偏頭痛は脳の血管が拡張することが原因で起こります。
血管が拡張する際に、酸素を体に取り入れようとして生あくびが出ると言われています。

注意が必要な生あくび

これまで見てきた生あくびに関してはさほど危険なものはありませんでした。
しかし、病気のサインかもしれない生あくびもあります。

頭痛・吐き気を伴う生あくび

頭痛や吐き気を伴う生あくびは脳梗塞など、脳に関わる病気の危険性があります。
脳梗塞は脳の血管がつまって、脳に酸素が行き渡らなくなることで脳の細胞が壊死し、体の機能に障害をもたらす病気です。
頭痛や吐き気とともに、脳梗塞の前兆症状として生あくびも挙げられているため、注意が必要です。

連続して出る生あくび

連続する生あくびはそれだけ体が酸素を欲しているということです。
脳梗塞や心筋梗塞などで血管がつまっていることも考えられますし、糖尿病の影響で低血糖になり、酸素を欲している可能性もあります。

生あくびが関係する主な病気

脳の疾患

生あくびが出る時に、一番注意が必要なのが「脳の疾患」です。
これまで見てきた脳梗塞だけでなく、脳腫瘍や脳出血にも注意する必要があります。

心臓の疾患

血管が集まる心臓の疾患が原因で、生あくびが出ることもあります。
特に冷や汗が出る場合は、心筋梗塞や狭心症に注意する必要があります。
生あくびは、脳や心臓の疾患以外にも糖尿病や自律神経失調症などと関係している場合もあります。

生あくびは眠い時に出るあくびとは違い、注意が必要な場合もあります。
頭痛や吐き気を伴ったり、生あくびが続いたりして異変を感じた場合はできるだけ早く病院に行って検査してもらいましょう。

スポンサーリンク

関連記事