ケンサポ ケンサポ ケンサポ

   

 健康法

身近にある危険!サラダ油が身体に及ぼす悪影響とは…?

普段口にする料理や惣菜、お菓子にはほとんど油が使われています。
最近はスーパーでもココナッツオイルやオリーブオイルなど多くの油が売られていますが、最も売れているのはサラダ油です。

しかし、実はサラダ油には身体に悪い成分が含まれており、専門医が警鐘を鳴らすほどなのです。
一体どういうことなのか、見ていきましょう。

トランス脂肪酸が生活習慣病を招く

欧米では規制に対象

トランス脂肪酸はマーガリンやショートニングに多く含まれており、欧米では含有量表示を義務付けている国も多く、規制の対象になっています。
サラダ油にも植物から油を精製する過程でトランス脂肪酸が発生するため、健康への影響が危惧されています。

トランス脂肪酸を多く摂ってしまうと血液中の悪玉コレステロールが増え、善玉コレステロールが減ることがわかっています。
そのため、心臓疾患をはじめとする生活習慣病になるリスクが高まるのです。

ただ、サラダ油に含まれるトランス脂肪酸はマーガリンやショートニングに比べると微量であるため、多く摂りすぎないことが大切です。

古い油が危険

賞味期限が切れたり、揚げ物などで何度も使用しているサラダ油には注意が必要です。
トランス脂肪酸は空気や光に触れたり、加熱されたりすることで酸化が進み、サラダ油の中に過酸化脂質という物質が生成されてしまいます。
過酸化脂質は老化を早め、動脈硬化やがんの原因にもなる有害な物質であるため、保管方法などにも注意する必要があります。

リノール酸が脳に悪影響を及ぼす

リノール酸は身体に必要?

サラダ油にはリノール酸が多く含まれています。
リノール酸は本来身体に必要な栄養素で、血液中のコレステロールを下げてくれる働きがあると言われています。
しかし、リノール酸はサラダ油から摂取する必要はなく、普段の食生活でも十分摂ることが可能な栄養素なのです。

加熱と摂りすぎに注意

リノール酸は加熱されると脳の海馬を萎縮させる、ヒドロキシノネナールという神経毒に変わります。
脳が萎縮することで、アルツハイマー病になったり物忘れがひどくなったりする可能性も…。
また、リノール酸を長期間摂りすぎてしまうと生活習慣病の原因になることもわかっています。

サラダ油の危険から身を守る対策

高温で調理しない

高温で調理することで酸化の速度が速まってしまいます。
温度が10度高くなると酸化の速度が2倍になると言われているため、過度な高温調理は避けるべきです。

冷蔵庫で保管し、酸化する前に使い切る

サラダ油は酸化が進むと身体に悪い成分が多くなっていきます。
そのため、酸化する前にできるだけ早く使い切ることが重要です。
油から変な臭いがしたり、切れが悪くなったりしたら、新しい油に交換することも大切です。

また、サラダ油を冷蔵庫で保管することで、光や空気に触れることが少なくなるため、酸化の進行を防ぐことができます。

オリーブオイルなどサラダ油以外を使う

リノール酸が少ないオリーブオイルやえごま油などを使うことでサラダ油の影響を避けることが可能です。
また、米油やごま油も比較的リノール酸が少ないため、サラダ油の代用品としておすすめです。

サラダ油には身体に悪影響を及ぼす成分が含まれています。
しかし、油は毎日の生活に必要なものです。
トランス脂肪酸やリノール酸の特徴を理解し、調理方法や保管に気を付け、過剰に摂取することがないよう注意しましょう。

スポンサーリンク

関連記事