ケンサポ ケンサポ ケンサポ

   

 健康法

口呼吸はなぜ悪い…?口呼吸が原因で起きる5つの症状とは?

体調が悪くなりやすい、ゆっくり眠れないと言った症状を持つ方の中に、口呼吸が原因でそれらの症状を引き起こしている可能性があります。
自分では、なかなか判断しにくい口呼吸の症状をまとめてみました。

口呼吸とは

鼻呼吸がなぜ良いのか

通常の呼吸である鼻呼吸は、鼻の中にある粘膜で空気中のほこり、カビなどの細菌を吸い込まずに、体内に新鮮な空気を取り入れることができます。
また、鼻を通過することで適度に加湿されて病原菌の繁殖を抑制してくれる効果があります。

口呼吸がなぜ悪いのか

一方、口呼吸は空気が直接、喉の奥まで運ばれることによって、細菌などのウイルス、ダニなどのアレルギー物質が体内に侵入してきます。
また、温度調節機能を持たない口から空気をそのまま吸い込むことで、口の中が常に乾燥した状態になり、免疫力の低下を招きます。

では、口呼吸を続けると、どんな病気や症状が起こるのでしょうか。

口が乾燥して歯周病になりやすくなる

口の中の乾燥が進むと、唾液の量が減り、唾液が持つ殺菌作用が発揮されません。
常に乾いた歯茎は腫れてしまって歯周病の可能性が高くなります。
また、口呼吸が原因で虫歯になりやすくなる人もいます。

口の乾燥から口臭がきつくなる

唾液量が減少し、口に潤いがなく細菌が繁殖しやすい状態になると、口臭いがきつくってしまいます。
唇が乾燥しているなと感じたら、口臭もチェックしましょう。

口元が前に出る

常に鼻呼吸をしていると、舌の位置は上あごに付いた状態になっています。
しかし、口呼吸が常習化していると、舌の力が弱まり、舌先は常に下の歯に触れている状態になってしまいます。

この状態が続くことで、少しずつ受け口になったり、前歯が出てしまったりすることも…。
口が開いていると、ボーっとした表情になるのもこの為です。

風邪を引きやすくなる

乾燥した空気が直接、喉、肺へと侵入してくるので、空気と共にウイルスやアレルギー物質の侵入も防ぐことが困難になります。
喉が渇きやすい、寝て起きたら喉が痛いなどの症状があるなら、口呼吸が原因で風邪や花粉症などの病気になりやすくなっているかもしれません。

睡眠時無呼吸症候群

口呼吸が長く続いていると、口を閉じる力、舌の力がどんどん弱くなってしまいます。
そのため知らないうちに、寝ている間も口呼吸になってしまっているケースが多々あります。

いびきが大きいなどの症状がある方は要注意です。
口呼吸をすると舌が寝ている間も沈下して気道をふさぐようになります。
寝ている間に酸素が欠乏して、ゆっくり寝ているように感じない、常に眠気を感じるようになります。
寝ているのに疲労感があるなら、睡眠時無呼吸症候群かもしれません。

鼻呼吸への改善方法は、口に医療用テープを張ったり、口の力を高めるトレーニングやガムを噛むなど意識して鼻呼吸を行うことが大切です。
また、耳鼻科でのマウスピース矯正も効果があります。
自分に合った方法をみつけ、口呼吸へと改善していきましょう。

スポンサーリンク

関連記事