ケンサポ ケンサポ ケンサポ

      2016/04/14

 老化

冬の寒さもへっちゃら!いちばん暖かいマフラーの巻き方は?

冬になると活躍するアイテムに「マフラー」があります。
みなさんどんな巻き方をしていますか?
お気に入りの巻き方はあると思いますが、暖かくて大活躍する巻き方を紹介します!

風が冷たい冬…少しでも暖かくなりたい

マフラーをしていても、巻き方の違いで冷たい風が入ってきてしまいますよね。
せっかくマフラーを使っているなら、オシャレに暖かく巻いてみましょう。

暖かいマフラーの巻き方

マフラーの巻き方は着るものに合わせたり、巻き目の見せ方の違いで何十種類もあります。
ここではすぐ使える簡単で暖かい巻き方を紹介します。

ワンループ巻き

簡単で首にしっかり巻けて暖まる巻き方です。
マフラーを2つに折り、折り目を胸のほうに持ってきます。
そして、折り目の反対側を首に回し、胸のほうに持ってきて折り目に通します。

ぐるぐる巻き

首の周りをふわっと包み、巻き目にボリュームが出る巻き方です。

マフラーを広げ、背中から胸のほうへ向けて両肩にかかるように垂らします。
片方を短く、もう片方は長くして首に2重に巻きます。
胸のほうにある両端をクロスさせ、首に巻いたマフラーの下に隠し入れます。

ダブルツイスト

マフラーを2つ使うので、組み合わせでオシャレに暖かく巻けます。

同じようなサイズのマフラーを2つ用意します。
2つを1つにしてツイストします。
首に1~2周巻いて好きな場所で結びます。

暖かいマフラーは?

巻き方だけではなく、素材でも暖かさが違ってきます。
またマフラーの色でも「見た目」で暖かく感じさせることができます。

カミシヤ、アルパカのマフラーを選ぶ

暖かさでは「カシミア」と「アルパカ」がおすすめです。

一般的に繊維が細ければ細いほど保温性が高くなります。
カシミヤは最も繊維が細く暖かい素材です。
アルパカはカシミヤには及びませんが、繊維の中が空洞になっているので保温性は高いのです。

暖色のマフラーを選ぶ

巻き方や素材だけでなく、マフラーの「色」にも気を付けると暖かく感じます。
赤やオレンジ、黄色などの「暖色」系のマフラーを選べば視覚的にも暖かくなります。

暖かいオシャレを楽しもう!

今よりもっと暖かく、有効にマフラーを使ってみましょう。
マフラーは冬のオシャレに欠かせないアイテムですが実用性も兼ねています。
マフラーの巻き方や色で「暖かいオシャレ」をしてみませんか?

首をあたためると全身があたたかくなる!
使い捨てカイロの寒さ対策についてはコチラをご覧ください。

スポンサーリンク

関連記事