ケンサポ ケンサポ ケンサポ

   

 健康法

1月7日は七草粥を食べよう!食べる意味や健康効果とは?

お正月が明け、1月7日に食べる縁起物と言えば「七草粥」ですね。
実際に毎年食べていても、なんでこの時期に食べるのか、食べたらどんな健康効果があるのか…皆さんご存知ですか?

あまり知られていない七草粥について詳しくご紹介します。

七草粥は何で1月7日に食べるの?

七草粥は中国から伝えられてきた伝統的な行事の一つです。
中国では、日によってその日を動物に例えて表しています。
その日の動物は殺さないと言う決まりがありました。

その中でも、1月7日は「人の日」に値する日で、無病息災を願う為に7種類の野菜を入れた汁物を食べていました。
同じく日本にも若菜摘みと言う伝統的行事がありました。
年の初めに、新芽を摘み、無病や邪気を追い払う行事です。

その事から中国と日本の文化が合わさり、七草粥を1月7日に食べるようになったのです。
一年、万病を避けて元気に過ごせるようにとの願いも込められています。

七草粥はなぜ食べるの?

七草粥を食べる事により、無病促進や長寿、健康維持の効果があるとされています。
また、お正月は、ご馳走が毎日並び、みんなで楽しく会食する機会が多いですね。
もちろんお酒も進みます。

その為に、普段以上に胃に負担がかかっている時期です。
胃を休めると言う意味合いも含め、七草粥は体を労わる健康効果もあるのです。
薬膳食とも言われていますよ。

七草粥の「七草」の種類について

芹(せり)

セリ科の植物です。
解熱効果や整腸作用、食欲促進や胃に優しいとされています。
競争事に競り勝つと言う意味があります。

御形(ごぎょう)

キク科の植物です。
咳止めや内臓に良いとされています。
仏の形に似ているという意味があります。

繁縷(はこべら)

ナデシコ科の植物です。
腹痛に効果があります。
繁栄が運びると言う意味があります。

薺(なずな)

アブラナ科の植物です。
肝臓病や解熱効果、血便・尿にも効果があります。
また、眼病予防や便秘改善にも効き目がありますよ。

撫でて悪いものを取り除くと言う意味があります。

菘(すずな)

別名カブは、アブラナ科の植物です。
ビタミンが豊富で便秘改善に効果があります。
神を呼ぶ鈴と言う意味があります。

仏の座(ほとけのざ)

キク科の植物です。
解毒作用や解熱、胃腸に効果があります。
仏の安座と言う意味があります。

蘿蔔(すずしろ)

別名ダイコンは、アブラナ科の植物です。
消化酵素を持っており、解毒作用や利尿作用の効果があります。
清白と言う意味があります。

七草粥はなぜ健康効果があるの?なぜお粥と煮込むの?

七草粥は別名「薬膳食」とも言われています。
その理由は使われている七つの草が、全て体に良いとされているからです。
漢方の薬にも使われている薬草です。

一つ一つの薬草には、胃腸を整える作用や咳止め作用、食欲増進の作用や解熱作用などを持っています。
温かいお粥と混ぜて良く煮込むことにより、全ての成分が混ざり合います。
そして体に吸収されやすい状態となるからです。

少しクセのある薬草の味がするので、食べやすくする為にも煮込みます。

七草粥の由来や意味、効果や七草の種類をご紹介しました。

今年は七草粥の知識を得た事で、より一層七草粥が体に染みるではないでしょうか。
ぜひ、1月7日は七草粥で体を休め、労ってあげて下さい。

スポンサーリンク

関連記事