ケンサポ ケンサポ ケンサポ

   

 健康法

夜食は健康に良い?!その理由とオススメの夜食とは?

夜食は体に悪い、太る原因だ、肥満になりやすいなどと思われています。
しかし、食べるものに気を使えば、逆に体の健康に良い事が分かったのです。
では、その理由とオススメの夜食をご紹介します。

なぜ夜食は体に悪いと思われているのか

みなさんが声を揃えて言う事、それは夜食は体に悪影響だと言う事です。
特にダイエットをしている人、内臓に疾患を持っている人はそう思っているでしょう。
その理由は、夜は寝るだけだからと言う理由からです。

体が休息を取る際に副交感神経が働きます。
副交感神経は、食物の消化を妨げる働きを持っていると言われています。
寝る前に食べたものがなかなか消化されず、体内に止まってしまいます。

その為に、体に良くないとも言われて来ています。
また、寝ている間は体を動かしません。
よってエネルギーを体が溜め込む為、夜食を食べると体に良くないと言われています。

なぜ夜食は体に良いのか

睡眠を取る際には、大きなエネルギーが必要とされます。
赤ちゃんはずっと寝続けていられるのに、お年寄りは、早く目が覚めてしまう事を考えるとわかりやすいですね。
体力が無ければ、良い睡眠は出来ません。

良い睡眠が出来ないと言う事は、健康にとって悪影響。
必要なエネルギーを溜め込む時間が、睡眠時だからです。
無理な夕食抜きダイエットなどをすると、快適な睡眠に支障が出ます。

また、寝ている間に生成されるホルモンのバランスも崩れ、要らない栄養素まで蓄えようとしてしまいます。
体にとっては悪い影響ですよね。

よって、程よく夜食を摂る事は健康効果に良いと言われています。

オススメの夜食をご紹介

具沢山の味噌汁

味噌は消化に良い大豆製品です。
沢山の野菜などと一緒に、味噌汁を作りましょう。
大豆のエネルギーを吸収出来る上、カロリーの少ない野菜をたっぷり食べて、お腹も満腹です。

味噌汁に入れる具材は、通常味噌汁を作る際に入れる物ならばどれでも大丈夫ですよ。
体も温まり、快適な睡眠にも繋がります。

煮込みうどん

良く煮込んだうどんもオススメです。
良く煮込む事で消化も良くなり、量も増え、満足感が得られます。

天ぷらや天かすなど、脂分が多いトッピングは避けましょう。
夜に食べることでニキビの原因にもなります。

素うどんでは物足りない際は、煮干しを入れて一緒に煮込んでみましょう。
美味しいダシが出て、煮干しも美味しく頂けます。
また、野菜も気にせず食べられるのでオススメですよ。

雑炊

お粥だとなんだか物足りない…なんて方はいらっしゃいませんか?
そんな方におすすめしたいのが雑炊。
味もある為満足感が得られます。

冷蔵庫にある野菜を細かく刻み、ご飯と一緒に良く煮込んでお醤油とだしの素で味を付ければ出来上がりです。

卵を入れれば豪華たまご雑炊にもなりますね。
ご飯は半茶碗で十分な量が作れますよ。
腹持ちが良いところも◎。

いかがでしたか?
夜食が健康効果がある事についてご紹介しました。
しかし、注意して欲しいのは食べ方です。

夜食が体に良いのだと単に理解しただけでは危険です。
油物や胃に負担のかかる食べ物、消化の悪い食べ物は避けましょう。
食べる物に気を付けて、快適な夜食ライフを送って下さい。

スポンサーリンク

prBox_img

関連記事