ケンサポ ケンサポ ケンサポ

      2016/01/13

 健康法

不安が渦巻く現代社会…。ストレス性の動悸に要注意!

現代はストレス社会

現代社会はストレス社会です。
多くの企業で、安定した終身雇用制を維持するのは難しくなりました。
正規雇用でもリストラや雇用不安におびえ、非正規雇用では常に次の仕事が見つかるかどうかの不安をかかえています。

仕事が多少不安定でも、仕事以外で安心できる場所があれば心は落ち着きます。
しかし、現代の日本社会は仕事に関すること以外で、他の人々とかかわりを持てる場がほとんどありません。
職場でのストレスを開放する場が他にない状態が問題となっています。

ストレスが原因の動悸と体の異常

動悸が起こる場合は、それがストレスによるものかどうかを単純に判断することはできません。
メディカルチェックを受けて、体の異常がないことを確認するのが第一です。
特に体に医学的な異常がない場合でも動悸がよくおこる場合は、ストレスが原因していることが考えられます。

動悸の原因がストレスによるものと推測される場合は、解決策がいろいろあります。
自分にあった方法で、自分ができる方法を試してみる必要があります。
きっと、自分に合った動悸の解消法が見つかるはずです。

動悸を抑える効果的な方法―メンタル偏

ストレスとなる要素は精神的のことである場合がほとんどです。
精神的な要素でストレスを感じ動悸が起きる場合は、精神的な対処のしかたがあります。
日々のちょっとした工夫で動悸を抑えることができる可能性があります。

真面目になりすぎない

ストレスが原因の動悸は性格的にはまじめな人に起こりやすい特徴があります。
対策としては不真面目になることを覚えることです。
ストレスが原因となる場所やことから逃げるのが一番効果的です。

ストレスがある職場でも、ストレスからうまく逃げている人がいるはずです。
逃げるには職場の上司や同僚に気付かれないような工夫が要ります。
工夫をして始めてストレスから逃げることができます。

呼吸法で改善

ストレスが原因の動悸は、精神状態を改善することにより対処できる場合があります。
精神状態を改善するカギは呼吸法にあります。
深くてゆっくりとした呼吸は気持ちを落ち着かせてくれます。

ゆっくりした呼吸とは腹式呼吸のことで、会得するためには効果的な方法があります。
座禅はゆっくりとした呼吸法を会得するには最適な方法です。
座禅の効果は、一時的に座禅から離れても持続する特徴があります。

動悸を抑える効果的な方法―フィジカル偏

ストレスが原因の動悸は精神安定剤により抑えることが可能です。
効果の薄い精神安定剤は副作用も少なく、効果的に動悸を抑えてくれます。
精神安定剤は医師の処方により服用するほうが安全で経済的です。

時代を少し遡ると日本は男性が主に外で働く男社会でした。
当時の成人男性は、日常的に酒とタバコを愛用していました。
現代では健康に悪いとされる、酒やタバコにもストレスを解消する一定の効果があったのかもしれませんね。

スポンサーリンク

関連記事