ケンサポ ケンサポ ケンサポ

   

 口内

冷たいものがキーンと染みる!自宅で出来る知覚過敏対策

ちょっとした刺激で歯がしみる知覚過敏は痛みがひどくなくても不意をつかれるようで嫌ですよね…。
ここではそんな知覚過敏の症状や自宅でも出来る治し方についてご紹介しましょう。

知覚過敏の症状

知覚過敏の症状として一番知られているのは、冷たいものを口に入れた時に歯がしみることでしょう。
その他にも、温かいものを食べたり飲んだりした時にしみることもあります。
歯ブラシの刺激や、ひどい時には風があたっただけでもしみる…なんて場合も。

また、虫歯や他の病気では痛みがずっと続くことが多いものですが、知覚過敏は刺激を受けた時だけしみます。
歯になんらかの刺激が加わった時に一時的にしみるのが知覚過敏の症状と言えるでしょう。

知覚過敏の原因

知覚過敏の原因を知るにはまず歯の構造を知る必要があります。

歯の一番外側はエナメル質という硬い物質で出来ています。
その内側は象牙質という小さな穴がたくさん開いています。

エナメル質は神経が通っておらず、ちょっとした刺激程度では痛みを感じたりすることはありません。
しかし、エナメル質が何らかの理由で削れてしまうと、中の象牙質がむき出しになってしまいます。
さらにその象牙質の穴から刺激が神経へと伝達され、痛みなどを感じるようになるのです。

もうひとつ象牙質がむき出しになる原因として、歯周病や加齢などで歯茎が下がってしまうことがあげられます。
歯を守るエナメル質は歯茎に覆われている部分にはもともと存在しません。
そのため歯茎が痩せてしまうと隠れていた象牙質がむき出しになってしまうのです。

自宅でも出来る知覚過敏のケア

知覚過敏は症状が軽ければ次のような方法で自分でもある程度のケアや予防ができます。

歯みがきを見直す

歯みがきで歯ブラシを強く押し付け過ぎると、歯や歯茎に傷がつく場合があります。
それを繰り返すとエナメル質が削れたり、歯茎が痩せたりしてしまいます。

歯ブラシの硬さを柔らかめにし、弱い力で丁寧に歯みがきをするようにしましょう。
そうすれば歯や歯茎を傷つけるのを防ぐことができます。

また、歯みがきを見直すことで歯周病対策にもなります。
正しい歯みがきにより歯周病で歯茎がやせて知覚過敏になることも防げます。

再石灰化をうながす

歯はある程度の傷であれば自分で修復する機能があります。
それは主に唾液などに含まれる成分でおこなわれ、再石灰化と呼ばれています。

再石灰化をうながす方法でよく知られているのが、キシリトールガム。
これは歯に悪影響のない甘味料のキシリトールのガムを噛むことで唾液を出し、再石灰化を進めます。

また再石灰化をする成分の入った歯みがき剤も、市販されているので利用するとよいでしょう。

歯ぎしり対策をする

知覚過敏につながる歯が削れる原因として歯ぎしりがあります。
起きているときに歯を強く噛んでしまったり、歯ぎしりをしてしまう癖がある人はなるべくしないように気をつけましょう。

寝ている時の歯ぎしり対策としては、マウスピースを使うものがあります。
また歯ぎしりの原因となる、ストレスを減らすことなどが根本的な対策となるでしょう。

知覚過敏対策は虫歯対策や歯周病対策にもつながります。
しっかりと普段のケアを行っていれば悪化を防ぎ痛みを緩めることもできます。
しかし、痛みがひどい時やなかなか治らない時は歯科医師に相談するようにしましょう。

スポンサーリンク

関連記事