ケンサポ ケンサポ ケンサポ

   

 健康法

激しい運動は逆効果?尿酸値と運動との関係性とは?

血中の尿酸値を下げるためには運動が効果的だとされています。
とはいえ、がむしゃらにただただ運動すればいいというものではありません。
実際には運動をすることで、尿酸値を上げてしまうケースもあるのです。

どのような運動が尿酸値を上げ、どのような運動が尿酸値を下げるのでしょうか。
運動と尿酸値の関係性について説明していきましょう。

汗をかくことで尿酸値は上がってしまう

同じ運動でも適度なものならそれほど汗はかきませんが、激しい運動は大量に汗をかきます。
実は、この汗をかくことが尿酸値を上げてしまう理由なのです。

汗を大量にかけば、体内の水分はそれだけ失われてしまいます。
体内の水分が失われれば、血液の水分も失われ、濃縮されてしまいます。
ジュースを温めると、水分が蒸発して濃縮されますよね。
あれと似たようなことが起きていると考えれば、分かりやすいのではないでしょうか。

血液が濃縮された結果、同じ量の血液内のいろいろな成分は濃くなってしまいます。
当然のことながら、尿酸値も上がってしまうというわけです。

激しい運動は尿酸値を上げる

さらに、激しい運動によって体内にプリン体が作りだされてしまうのも問題です。
運動に必要となる体内のエネルギーは、アデノシン3リン酸(ATP)がアデノシン2リン酸(ADP)になることで生成されます。
適度な運動(有酸素運動)ならADPは再びATPに戻ります。
ところが激しい運動(無酸素運動)の場合、ADPはATPに戻らず、プリン体になってしまうのです。

プリン体が体内に増加すれば、プリン体の分解によって生じる尿酸も増加します。
結果、尿酸値が上昇してしまうというわけです。

適度な有酸素運動が尿酸値を下げる

では、どのような運動をすればいいのでしょうか。
上にも書きましたが、有酸素運動ならば体内にプリン体が生成されません。
これならば、体内に尿酸が生じることはありません。

有酸素運動とは、例えばウオーキングや水中ウオークといった比較的負荷の小さい運動です。
体内の糖質や脂肪を酸素と一緒に消費するため、この名前がついています。
焦って激しい運動をするのではなく、ゆっくりと負荷の小さい運動をすればいいのです。

付け加えれば、血液が濃縮されて尿酸値が上がるようなことにならないような注意も必要です。
有酸素運動は負荷が小さいですが、それでも夏場には大量の汗をかいてしまいます。
水分不足にならないよう、運動中には適度な水分を摂取しましょう。
そうすることで、血液の濃縮を防ぐことができるのです。

基本的に運動をすることは、尿酸値を下げる効果があるのです。
やり方を間違えると逆効果だというのが、尿酸値と運動の関係性なのです。
正しい運動を行って、尿酸値を下げていきましょう。

スポンサーリンク

関連記事