ケンサポ ケンサポ ケンサポ

   

 内臓疾患

胃潰瘍、肝硬変、子宮がん……腰痛と関係する怖い内臓疾患に注意!

腰痛の約85%は原因がわからないと言われています。
そして残りの15%には椎間板ヘルニアや脊椎間狭窄症などのほかに内臓の病気も含まれます。
今回は腰痛と内臓の病気の関係について見ていきたいと思います。

腰痛と内臓の関係

内臓に異常をきたすと臓器周りが固くなり、血行不良を起こします。
血行不良の影響を受けて、内臓に近い場所にある腰の筋肉が固くなり、腰痛を引き起こすのです。
また、内臓の痛みが直接的に影響して腰に痛みを引き起こす場合もあります。

ここでは腰痛の原因となる内臓の病気について詳しく見ていきたいと思います。

腰痛と関係している胃腸の病気

胃潰瘍

胃潰瘍はストレスなどで胃の粘膜がはがれ、胃に傷ができてしまう病気です。
胃潰瘍になると背中から腰にかけて痛みがあらわれます。
ほかにも腹痛とみぞおちの痛みを引き起こし、食後に痛みが出やすいという特徴があります。

十二指腸潰瘍

十二指腸潰瘍もストレスなどが原因で粘膜がはがれて傷ができてしまう病気です。
胃潰瘍と特徴が似ており、背中から腰にかけて痛みを引き起こします。
胃潰瘍と大きく違うのは、空腹時にお腹の痛みが強まり、食後はおさまるという点です。

また、便秘によって大腸が圧迫されて腰痛を引き起こすということもあります。

腰痛と関係している腎臓・肝臓の病気

腎盂腎炎(じんうじんえん)

腎盂腎炎とは腎盂や腎臓が細菌に感染して炎症を起こしてしまう病気です。
わき腹や腰に鈍い痛みを引き起こします。
ほかにも発熱や吐き気など風邪に似た症状があらわれます。

肝硬変

肝硬変は肝臓の炎症などによって肝細胞が壊れ、肝臓が固くなり、肝臓の機能が低下していく病気です。
肝臓の病気の場合は右の腰に痛みが出やすい特徴があります。
また、下半身のむくみやけいれん、黄疸などの症状があらわれます。

腰痛と関係している女性特有の病気

子宮筋腫・子宮がん

子宮にできる良性・悪性の筋腫も腰痛の原因になります。
子宮筋腫・子宮がんになると腰や下腹部に痛みをもたらす場合があります。
初期症状はほとんど見られませんが、不正出血やおりもの・出血量が普段より多いという特徴があります。

これらのほかに、尿路結石や胆のう炎、膵炎なども腰痛を引き起こします。
特に尿路結石は腰回りに激しい痛みをもたらします。

内臓の病気が引き起こす腰痛の特徴

・姿勢に関係なく痛み、安静にしていても痛む
・発熱、だるさ、吐き気などを伴う
・排尿時に痛みを感じたり血尿が出たりする
・痛みがおさまらずひどくなっている
・食事の前後で痛みが変わる

腰痛とともにこれらの症状が出ている場合は注意が必要です。

まとめ

腰痛と内臓は密接に関わっています。
内臓の病気が原因となる腰痛は全体の1%ぐらいと言われていますが、重症化して命に関わるケースもあります。
普通の腰痛以外にも体の異変を感じたら、できるだけ早く病院で検査をしてもらいましょう。

スポンサーリンク

関連記事