ケンサポ ケンサポ ケンサポ

   

 口内

早く治したい!口内炎に効くビタミンや、効果的な摂取方法とは?

口内炎になってしまったときに摂取するとよいとされるビタミン。
どのビタミンをとればいいか、とるタイミングについても解説していきます。

口内炎に効く!ビタミンB2

口内炎になってしまったときに摂取すると、治りがはやくなるのがビタミンB2です。
ビタミンB2は別名として、「皮膚や粘膜のビタミン」という名前を持っています。
脂質をエネルギーへと変換し、皮膚や粘膜の成長を促進するという働きを持っています。

ビタミンB2の効果的な摂取方法

他の栄養素との組み合わせで効果を発揮

ビタミンB2はビタミンB群という栄養素に属しています。
そして、このビタミンB2は、他のビタミンB群の栄養素と組み合わせると、より効果を発揮する特徴があります。

つまり、ビタミンB2とビタミンB6といった形で摂取する方が効果を発揮するという事です。

効果的なのはビタミンB1

ビタミンB群でも、ビタミンB2と一緒に摂取するのがいいとされるのがB1です。

ビタミンB1は疲労やストレスなどの神経の調整を適切にする働きがあります。
口内炎になる場合、疲労やストレスの蓄積が原因になるケースもあります。
そのような場合にはビタミンB1の摂取が効果的になります。

ビタミンB1は豚肉やうなぎに多く含まれています。

炎症を抑えるビタミンB6

加えて、ビタミンB群で、ビタミンB2と組み合わせると効果があるのがビタミンB6です。

ビタミンB6は皮膚や口の粘膜を強化して炎症を抑える効果があります。
このビタミンB6の不足も口内炎の現認になっている場合があります。

ビタミンB6はマグロ、カツオ、ごま、バナナなどに含まれています。

ビタミンB2を含む食品

口内炎を治すのに効果的とされるビタミンB2。

このビタミンB2を多く含んでいるとされる食べ物には納豆、ヨーグルトなどがあります。

特にヨーグルトはビタミンB2の摂取には効果的です。
一番のおすすめはアロエヨーグルトになります。
アロエも口内炎の治療に効果があるので、2つを合わせた効果が期待できます。

口内炎に効果的なビタミンB群をみてきましたが、いかがでしたでしょうか。
せっかくの美味しい食べ物も、口内炎ができてしまっては台無し!
美味しいごはんを食べるためにも、口内炎になったらビタミンB2の摂取を心がけていきましょう。

スポンサーリンク

関連記事