ケンサポ ケンサポ ケンサポ

   

 病気

胸やけや吐き気がひどい…逆流性食道炎になったら避けるべき飲み物や食べ物は?

近年よく名前を聞くようになった病気、「逆流性食道炎」。
この逆流性食道炎はどのような病気なのでしょうか。
また、食べ物や飲み物の注意点についても見ていきます。

逆流性食道炎とは?

逆流性食道炎とは食道にただれや潰瘍が発生し、胸やけや呑酸などの症状が発生します。
逆流性食道炎の原因は胃液や胃の内容物の逆流です。

この胃液は酸性で食道には酸に対しての防御機能がありません。
したがって、この胃液が繰り返し逆流することにより、食道の炎症が発生します。

逆流性食道炎で注意する飲み物の飲み方

逆流性食道炎の場合、頻繁に摂取する事が進められていない飲み物があります。
摂取することにより逆流性食道炎の症状を悪化させる可能性がある飲み物。

どのような種類があるのか見ていきましょう。

胃液の逆流を起こしやすいアルコール

胃液の逆流を起こしやすいとされている飲み物として、第一にあげられるものがアルコールです。
アルコールは下部食道括約筋を緩めてしまいます。

下部食道括約筋とは

下部食道括約筋とは、胃液が食道に逆流しないようにする役割を果たしている筋肉。
食べ物を飲み込む時にゆるみ、それ以外では締まっています。
これにより、胃の内容物が逆流する事を防いでいます。

胃液の逆流を起こしやすいコーヒー・緑茶

また、コーヒーや緑茶に含まれているカフェインにも要注意!
このようなカフェインは胃酸の分泌を増やす効果があります。
結果として、逆流性食道炎を起こしやすくなってしまうのです。

逆流性食道炎で注意すべき食事

胃液の逆流を引き起こしやすいと分かっている食べ物が存在します。
胃液の逆流を起こしやすい食べ物の特徴は、脂肪分やたんぱく質が多いもの。
このような食べ物をたくさん摂取していると胃液の逆流を起こすことになります。

脂肪の多い食事について

揚げ物や、フライなどの脂肪の多い食事は胃酸を増やします。
その結果として、胃液の逆流が起こりやすくなります。

たんぱく質の多い食事について

肉や魚などのたんぱく質の多い食事は、消化に時間がかかるので、胃にある時間が長くなります。
結果として、胃液の逆流を引き起こすことになります。

その他の逆流性食道炎で避けるべき食べ物について

また上記のような食事以外でも、チョコレートやケーキなどの甘いものも避けましょう。
加えて、コショウなどの香辛料やみかんなどの酸味の強い果実もよくありません。

逆流性食道炎の食事についてみてきましたがいかがでしたでしょうか?
生活習慣を改善するだけで、予防や改善につながる逆流性食道炎。
しかし、生活習慣だけでは治らない、改善されない場合は、専門医への早期受診をおすすめします。

スポンサーリンク

関連記事