ケンサポ ケンサポ ケンサポ

   

 便秘

私たちの身体の60%は水分!水と身体の関係性とは?

私たちの体は水分が60%を占めています。
水分がたった1%不足しただけでも私たちのからだには変化が起きてきます。

それほど私たちのからだにとって必要な水についてみていきましょう。

私たちの体の水分の役割

私たちのからだの中の水は、体内で栄養を運んだり、老廃物を排出したり、体温を調節したりとさまざまな働きをしています。
水分の中には、食べ物から補給された塩分が含まれています。
この塩分の濃度を一定に保つことで、私たちのからだの機能は正常に維持されています。

しかし、排泄されたり、汗をかいたり、呼吸しているとどんどんからだの外へ排出されてしまいます。

運搬

酸素や栄養素をからだ中に運び、老廃物を外へ排出します。

体温調節

皮膚の血液の循環を増やして、汗を出して体温を一定に保ちます。

環境維持

新陳代謝がスムーズに行われるように、体液の性状を一定に保ちます。

水分補給とおしっこの関係

私たちのからだは、1日に1ℓ~2ℓの水分補給が必要とされています。
例えば今日補給した2ℓの水が、おしっことして体外へ排出されているのは実際は2週間前に補給した水なんです。
1ℓだったら4週間前、ということになりますね。

水は新陳代謝をスムーズにさせる働きがあるので、効率よく補給したいものです。

水分不足になると怒るからだの症状

水分不足になると様々な症状を引き起こしてしまいます。
例えば、頭痛、便秘、肌荒れ、疲れなどいいことはひとつもありません。

水分が2%不足すると生命の危機になってしまいます。

水分不足と頭痛

病気ではないのに痛んだり、定期的に起こる頭痛は、実は水分不足に原因があるのかもしれません。
水分は自分で思っているよりも失われており、飲んでいるつもりでも足りないことがあります。

水分不足と便秘

1日に摂取する水分量が不足してしまうと、腸内の水分も不足しがちです。
1日の水分摂取量が不足し、便秘を引き起こしてしまいます。

水分不足と肌荒れ

水分が不足してしまうと、新陳代謝がスムーズに行われずからだに老廃物がたまって肌荒れを引き起こしてしまいます。

水分不足と疲れ

水分は血液がからだのすみずみに栄養を届けるために必要なもの。
少しでも水分不足になれば、栄養素が行き届かず疲れてしまうのです。

このように、水は私たちからだを作っていると言っても過言ではありません。
私たちのからだに欠かすことの出来ない大切なものでせので、積極的に取り入れて健康なからだを作っていきましょう。

スポンサーリンク

関連記事