ケンサポ ケンサポ ケンサポ

   

 健康法

【神アイテム】腹巻の驚くべき健康法とは

ネーミングもさることながら、そのビジュアルからもなんとなく避けてきた方も多いと思われる「腹巻」。

この腹巻が今や巻くと温かいという単純な理由だけでなく、健康や美容に高い効果が期待されるということから年齢を問わず注目を集めるようになりました。

お腹の脂肪!原因は「冷え」だった!

誰もが気になるお腹の脂肪。運動不足かビールの飲み過ぎかと考えを巡らせてしまいそうですが、実はお腹に脂肪がつくのは身体の冷えが原因とも考えられます。

お腹の中には腸や腎臓、また女性なら子宮のように冷えることが大敵となる臓器が存在します。その冷えから守り、温度を保つために腹部には脂肪がつきやすい仕組みになっています。

腹巻は脂肪の代わり!内臓を温めれば健康になる!

冷えは様々な病気の原因となりやすいものですが、快適な空調設備や偏った食事、ストレスなどの影響で近年夏場でも低体温の人々は増え続けている状態です。

身体のためにはまず生活習慣を整えるのがベストですが、お腹を温めるだけでも体温は上がり体内の細胞が活性化され、病気になりにくい健康な身体を手に入れることはできます。

腹巻を利用して健康になろう!腹巻の健康効果

冷え性改善

一年中手足が冷たく身体がスムーズに動かない冷え性は、肩こりや頭痛なども併発しやすく疲れの原因にもなりやすいものです。

夏は靴下を手放さず冬は重ね履きで乗り切っても根本的な解決はされません。腹巻でお腹を温めれば体温はコントロールされ、手足が温まる効果が作り出されます。

代謝アップ

便秘は体調不良を招くだけでなく肌や体型など美容の面から見てもアウトと言えますが、この便秘も腹巻により肝臓や腸を温めることで解決される場合があります。

また便秘の解消に加え血流も良くなりますので、新陳代謝が活発になり美肌効果も得られます。

生理痛緩和

お腹の冷えを最もダイレクトに感じる子宮は、いつも出来るだけ温めておくことが大切です。

特に生理中は冷えにより血管や子宮の収縮が起こり痛みを感じやすくなりますので、お腹を温めることで生理痛が和らぐ効果が生まれます。

腹巻のサイズ選びは慎重に!

お腹を温め健康にしてくれる腹巻。冬だけでなく是非夏も利用したいアイテムですよね。特に夜は腹巻の適度な温かさが睡眠の質を高めてくれると言われています。

ただし締め付けるものは逆に体調を崩すことになってしまいます。サイズはきちんと考えて選びましょう。

スポンサーリンク

関連記事