ケンサポ ケンサポ ケンサポ

      2016/02/08

 眼病

若者の間で増加中!「スマホ老眼」に要注意!!

最近のスマホは驚くほど高機能で、つい時間を忘れて使ってしまいますよね。
しかし、スマホの使い過ぎが主な原因で、若者のスマホ老眼と呼ばれる症状が増えています。

仕事に、学業に、ゲームにと、毎日使っている場合は、注意が必要です。

スマホ老眼とは?

パソコン、テレビ、スマホ、ゲーム機など、現代の若者は、長い時間を「画面」を見ながら過ごしています。
中でもスマホは、どこにでも持ち出せて、何でもできてしまうため、一日中使い続ける人も珍しくありません。
スマホ老眼とは、あまりにも目を酷使することが原因で、若者にも老眼の症状が現れるというものです。

スマホ老眼の症状とは

気になるスマホ老眼の症状とはどのようなものでしょうか。

老眼とスマホ老眼

スマホ老眼とは、老眼と似た症状が、若年であるにも関わらず出てしまうというものです。
老眼の症状は、40歳以降になって現れることが多いため、若いうちから症状があれば要注意です。

老眼の症状

ご高齢の方が、文字が読みづらい時に、紙を少し遠ざけながら、目を細めて読んでいることがあります。
このように近くのものが見えにくい、遠くになると改善するというのが老眼の特徴です。

簡単チェックリスト

スマホ老眼の危険度を確認できる簡単なチェックリストをご用意しました。
当てはまっている項目が多い場合は、あなたの目は相当疲れてしまっている可能性があります。

・目の疲れを感じやすい
・朝は特に気にならないが、夕方になると見えにくい
・近くにあるものが見えにくい
・少し暗い部屋だと見えにくくなる
・メール作成時に、数字をよく間違える
・50円玉と100円玉をよく間違える
・スマホを使わないでいると改善する

スマホ老眼の対策法

スマホ老眼への一番の対策は、スマホの使用を控えめにするということです。
それに加えて、次のようなことも試してみましょう。

意識するだけで簡単にできること

できるだけ遠くを見るようにしたり、意識的にまばたきを多めにしてみましょう。
また、目を温めるということも疲れ目によいとされています。

疲れ目のためのエクササイズ

目の前で指を立て、まず指先にピントを合わせます。
次に、すぐに数メートル先の物にピントを合わせ、また指先に視線を戻します。
このようなことを、5回から10回程度、繰り返しやってみましょう。

現代人は、パソコンやスマホの画面と無縁でいることはとても難しい状況です。
スマホを今後5年、10年と使い続けても健康でいられるように、目に優しい使い方をしたいですね。

あなたも目の健康を見直してみませんか?
ブルーベリーサプリランキング」も併せてご覧ください。

スポンサーリンク

関連記事