ケンサポ ケンサポ ケンサポ

   

 健康法

貧血気味の方必見!貧血の種類や改善のポイント、効果的な食材とは?

立ちくらみやめまいなどを感じた時、真っ先に思い浮かべるのが貧血だと思います。
貧血は一般によく知られていますが、原因や種類など意外と知らないことも多いと思います。
そこで今回は貧血と貧血に効果的な食べ物について見ていきます。

貧血とは

貧血とは血液中の赤血球やヘモグロビンの量が基準値より少なくなっている状態のことです。
酸素を運搬する役割を果たすヘモグロビンが減少することで立ちくらみやめまいなどの症状を起こします。

意外と知られていませんが、貧血には鉄欠乏性貧血、再生不良性貧血、悪性貧血など多くの種類があります。
中でも鉄欠乏性貧血は日本人患者の約7割を占めています。
今回は食事での治療が有効な鉄欠乏性貧血について主に見ていきたいと思います。

貧血の原因

鉄欠乏性貧血の原因はヘモグロビンの成分である鉄分の不足です。
鉄分はダイエットなどによる食生活の乱れや月経などの出血が原因で不足しやすくなります。
また思春期などで体内の鉄分需要が増えた時にも鉄分不足状態になり、貧血を引き起こす時があります。

貧血改善のポイント

1日3食、栄養バランスを考えてとる

貧血に原因になる鉄分不足は主に栄養が偏った食事によって招かれます。
そのため、貧血改善には1日3食規則正しく栄養バランスの整った食事を心がけることが大切です。

鉄分を意識して摂る

鉄欠乏性貧血の改善には鉄分の摂取が効果的です。

鉄分には、肉・魚などに含まれる「ヘム鉄」と野菜・卵などに含まれる「非ヘム鉄」があります。
ヘム鉄は体内吸収率が高く、非ヘム鉄は体内吸収率が低い鉄分です。
一見ヘム鉄のほうが効果的に思えますが、非ヘム鉄もタンパク質やビタミンCと一緒に摂ると吸収率が高まります。

タンパク質やビタミンを摂る

タンパク質は非ヘム鉄の吸収率を高めるだけでなく、赤血球やヘモグロビンの材料となる重要な栄養素でもあります。
また、ビタミンB12や葉酸は赤血球を作り出す役割があり、貧血解消には大切な栄養素です。

貧血に効果的な食べ物

レバー

貧血に効果的な食べ物としてまず挙げられるのがレバーで、ヘム鉄が含まれているため吸収率も高くなります。
また、鉄分だけでなく、タンパク質、ビタミンB類も多く含まれています。
豚レバーが一番鉄分を含んでおり、鶏、牛の順で続いています。

カツオ

カツオにもヘム鉄が多く含まれ、さらには良質なタンパク質も豊富に含まれているためいっそう吸収率が高まります。
血合い部分に鉄分が豊富に含まれているため身と一緒に食べると効果的です。

しじみ

しじみには鉄分、タンパク質、ビタミンB12がバランスよく含まれており、貧血改善に効果的な食べ物と言えます。

ほうれん草

ほうれん草は野菜の中では鉄分が多く含まれています。
非ヘム鉄ですが、ビタミンC が豊富に含まれているため吸収率が高まります。

れんこん

れんこんもほうれん草と同じく非ヘム鉄、ビタミンC を豊富に含んでいます。
れんこんやほうれん草は調理方法が多くあるため扱いやすい食べ物と言えます。

さいごに

貧血に効果的な食べ物は多くあります。
貧血気味かな?と感じたら上記の食べ物を積極的に食べてみてください。
もし、あまり改善しない時は原因が鉄分不足以外の場合もあるのできちんと病院に行って診察してもらいましょう。

スポンサーリンク

関連記事