ケンサポ ケンサポ ケンサポ

   

 病気

一刻も早く治したい!頭痛の原因3タイプ別対処法とは?

単に頭痛と言っても原因は様々あり、対処の仕方によっては頭痛を悪化させてしまう事もあります。
痛みの原因を知り、正しい対処の仕方を覚えましょう。

頭痛の種類

片頭痛

脳の血管が拡張し、周囲にある三叉神経が刺激されて起こる頭痛、さらに、その刺激で炎症物質がさらに血管を拡張し起こる痛みを「片頭痛」と言います。

この片頭痛を引き起こす要因はさまざまですが、寝過ぎや寝不足、空腹や疲労、冷えた体が急速に温められる時、光や音の刺激、心身がストレスから解放される時などがあります。

緊張型頭痛

一方、頭の横の筋肉や、肩や首の筋肉の緊張や疲労で起こる頭痛を「緊張型頭痛」と言います。
筋肉が緊張する事で、血流が悪くなり、酸素や栄養分の供給が不十分になった結果、首や頭の筋肉が緊張し、頭痛を引き起こします。

長時間のデスクワークや、同じ姿勢をとり続けた時に、後頭部を中心に頭全体が締め付けられるような痛みを伴います。

群発頭痛

男性に多く見られる頭痛で、目の後ろを通っている内頚動脈拡張して炎症ができるために起こる頭痛を「群発頭痛」と言います。

炎症が起こる原因はよくわかっていませんが、体内時計が狂うと起こりやすいと言われており、目をえぐられるような激しい痛みを伴います。

対処方法

片頭痛の場合

拡張した血管を収縮させるには、冷たいタオルなどで痛む部分を冷やすようにすると、痛みが軽減します。
騒々しい所や、光の刺激が強い環境で体を動かそうとすると、余計に痛みが増してしまいます。
静かな環境で、体を休めるようにしましょう。

カフェインを含む飲み物(コーヒーや紅茶など)を摂取すると、血管を収縮する作用があり、痛みの初期症状に効果的です。
ただし、飲み過ぎは逆効果になる場合もあるので、注意しましょう。

緊張型頭痛の場合

首や肩に蒸しタオルを置いたり、マッサージやストレッチなどをして血行を良くしましょう。
同じ姿勢が続かないように、運動を取り入れ、気分転換するなどして、ストレスを貯めない様にしましょう。

群発頭痛の場合

痛みが激しい場合が多いので、まずは専門医の受診をお勧めします。
飲酒、喫煙を控える事はもちろん、基本的な生活リズムを整えるようにしましょう。

頭痛の種類によって、対処の仕方も様々ある事がわかりましたね。
頭が痛くなったらすぐに薬に頼ってしまう人も多いと思います。

頭痛薬や鎮痛剤は痛みに元になる成分を押さえる事により、胃粘膜が減少し、胃炎などを引き起こす原因となります。
薬に頼る前に、原因別の対処法で体を休めるようにし、頭痛の軽減を図りましょう。

スポンサーリンク

関連記事